【動脈硬化を予防!】粉豆腐は無理なく続けられる健康食材

Pocket

粉豆腐

長野県が健康長寿日本一だそうです。
今朝の情報番組「サタデープラス」でやっていたんですが、地元のお医者さんが広めた「ある食材」が大きな効果をもたらせたようです。


粉豆腐

20150707 172559

長野のかたはご存知だったんじゃないでしょうか。
自分は初めて聞きました。
こうや豆腐を粉状にしたもののようです。
テレビでは飯田市内のスーパーが映されていましたが、普通に並んで売られていました。

 

粉豆腐の効果

主な効果は、「悪玉コレステロール」を減らすそうです。
悪玉コレステロールが増えると動脈硬化など深刻な病気を引き起こす可能性が高くなります。
毎日の食事に加えることを習慣化できれば、大きな効果が期待できますね。

ちなみに最近は動脈硬化の新たな指標として「LH比」というものが提唱されているそうです。

【LH比】
悪玉÷善玉= 2を超えると危険信号

以前は善玉コレステロール値が140mg/dl未満、悪玉コレステロール値が140mg/dl以上が動脈硬化の危険度の指標だったんです。
しかし、善玉コレステロールが140mg/dl以上でも、あるいは悪玉コレステロール値が140mg/dl未満でも動脈硬化を起こす人が増えてきたため、「LH比」の考え方になったそうです。
人間ドックを受けるとそれぞれの数値がわかるはずですので、一度調べみましょう。

 

粉豆腐を使ったレシピ

粉状ですから、いろいろな料理の加えることができるようです。卵の煮つけや、お好み焼きにいれたり、いろいろとアレンジできますね。

「サタデープラス」でもやっていましたが、地元の方々は「粉豆腐の炒り煮」をよく食べられるそうです。

レシピは地元商工会のホームページを参考にどうぞ。

 

まとめ

体にいいって食材はいろいろとありますが、継続的に摂取できるかが問題ですよね。

その食材を買ってきて食べても、一度や二度では意味がないはずです。

粉状の粉豆腐ならば、いろいろな料理に追加アレンジできるので、無理なく続けやすい健康食材だと思います。

 

via PressSync

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*