自転車通勤で片道20kmをクリアするために必要なこと

Pocket

photo credit: Len Radin Cycling on the Beach via photopin (license)

ボクは2014年から自転車通勤をしています。

片道16km、往復で32kmを毎日頑張ってます。(雨や雪の日は乗りませんが)

自転車はクロスバイクです。

2014年に購入した5万円台のGIANTです。

コスパは素晴らしいと評判のクロスバイクですので、はっきり言ってお金はかけてません。

この自転車で体力は普通(だと思ってる)のボクでも、片道16kmならば何年も続けられます。

しかし、片道20kmならどうか?と考えることがあります。

というのは、現在の会社の事務所が移転する可能性がでてきました。

およそ、4kmぐらい遠くなるので、片道20kmになります。

そこで、もし20kmになったら自転車通勤を続けられるのか?

また、続けるために必要な事は何か?

これまでの経験から考えてみました。


片道20kmの自転車通勤をするために

photo credit: sur_hp Green light via photopin (license)

現在、片道16kmの道のりをクロスバイクで約50分かかっています。

おそらく4km増えて20kmだと、10分ぐらい増えて1時間くらいになると想像してます。

たかが4km、たかが10分ですが、甘く見てはいけないと思ってます。

自転車通勤は毎日のことなので、少しの距離増加も疲れがたまってくると考えているからです。

 

ロードバイクに自転車を変える

そのため、片道20kmになったら、思い切ってロードバイクを購入することにしたいと思います。

正直なところロードバイクは持っていませんから、クロスバイクと比べてどれくら速く走れるのか?疲れないのか?は実感として分かりません。

自分の同僚の意見を参考にしたいと思います。

彼は自転車通勤はしていませんが、ロードバイクを趣味で乗ってます。

彼はロードバイクで1日40や50kmも走るそうです。

曰く、

「軽くて、タイヤが細くスピードが出やすい設計になっているため、長距離を早く疲れず走行できる」とのことである。

彼も自分が片道20km自転車通勤するなら、絶対ロードバイクとのことでした。

 

ロードバイクで自転車通勤するときに気をつけること(想像)

まだロードバイクを買っていないのに、いらぬ心配ではありますが、気を付けるべきことは想像がつきます。

それは、平らな道をずっと走行できるか?ということだと思います。

クロスバイクなら、段差の多い歩道を走行しても、あまり辛さを感じません。(段差ではハンドルに強いショックは感じますが)

しかし、ロードバイクの場合は、段差をガンガン乗り越えて・・・っていう訳にはいかないはず。

なので、ロードバイクで自転車通勤する場合に注意するべきことは、平らな車道を走行できる道のりかということだと思っています。

 

まとめ

同僚の話を聞くと、今でもロードバイクを買いたくなってしまいましたが、そこはグッと我慢して、20kmになったら買うことにします。

しかし片道20kmって、すごい距離ですよね。

楽しみながらがんばるぞ!

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*