自転車通勤で、危険だと思う5つのこと

Pocket

e285cb62d9819cf98942f61a2fa62ede_s
自転車通勤をしていると、ヒヤッとする危ない場面に
正直いって時々あいます。

特に自転車通勤を始めたころは、コースの特徴なんかも
把握できていませんので、当然のことだと思います。

なるべく早く危険なポイントや場面を把握することが
大切ですが、一度はヒヤリとする場面を経験しないと
ホントのところでは解らないかもしれません。

自分はこんな場所や場面が危ないと思っています。


自転車通勤で危ないと思うこと
6d7d03d48271a903c1077ec6128b8d1b_s

自転車通勤をしていて、危ない経験をしたことを
5つピックアップしてみました。

微妙な段差

0970a9e9cafd946fe6bbf85e8eead7a4_s
大きな段差じゃなくて、あまり高さの差がない段差のことです。

こういう微妙な段差が、走行している道路に対して、水平に近い感じで存在していると、
簡単に乗り上げることができるんじゃないかと思って、タイヤを近づけがちですよね。

すると、進入角度が浅いため、乗り上げられず、バランスを崩してしまい、
転倒しそうになります。

特に、夜間に新しい道を通ったりすると、地面がよく見えず、
このような状況になることがあります。

なるべく、新しい経路は出勤時に経験しておくことと、
低い段差でも、より直角に近い角度で進入することが重要ですね。

右車線の歩道を走行する
0486cd30c6637e14fe7629a0480fba3e_s

路側帯の右側通行ではありません。
それは、厳禁ですよ!

右車線の歩道を走行することです。

右車線の路側帯を走行することは、道路交通法違反ですが、
右車線の歩道を走行することは、違反ではないはずです。
(おまわりさんも走行してますもん)

ここを走行していると、合流する道路から侵入してくる自動車の運転手は
まず、いちばん衝突の危険が高い、運転手から見て右側から走行してくる
自動車を確認するはずです。

運転手は右側から自動車が走ってこないことを確認すると、
左を確認する前に、道路に侵入しようとしがちです。

このパターンで自動車とぶつかりそうになることが何度かありました。

なので、基本的には右側車線の歩道を走るのは避けています。

小さな子供
829499708a199fd6082039a054e52dfa_s

自転車通勤をスタートした当初、スピードが出ているのがすごく快感に
なりがちなんです。
風をきって爽快ですから。

朝の出勤時に、小学生の集団登校を追い抜こうとした時に、
低学年の女の子が突然、列を飛び出してきたんです。

なんとか急ブレーキで、衝突せずにすみました。

それなりに、動きの気配を感じながら走っていたのですが、
まったく予測がつきませんでした。

子供の動きは、予測しても当たらない場合がることを
思い知らされました。
それからは、かなりゆっくりか、だいぶ離れて走行するようにしています。

歩行者の近くを走行するときは、基本的にスピードをかなり落として
徐行することが大切ですね。

排水溝
f55a791ff0b59250671a64e637ba6411_s

自分の通勤経路で、路側帯に50cm四方程度の排水溝があるんです。
それも、かなりスピードが出そうな場所です。

結構な段差もあるため、思わずスピードを緩めず侵入してしまうと、
急な段差で、ハンドルを持ち損ねそうななってしまいます。
スピードが出ている場所なんで、コケたら大変なことになりそうです。

また、その排水溝の溝は、走行している道路に水平になってるんです!

タイヤが一瞬、溝に挟まってしまう状態になってしまい、
すごくバランスを崩してしまいました。
これも、ホントに危ないと思った場面です。

対向自転車が右側走行してくる
f5bd8e39b2a214121a4624ef56fde963_s

道路交通法違反になっても、やる人は今でも平気でやっています。
ほんと、すれ違う時に頭にくるんですが、非常に危ないので
止めてもらいたいものです。

また、見通しの悪い道路で、右側走行で右折してくる対向自転車です。
自分は左側走行していて、左折しようとする場合に、
何度か正面衝突しそうになったことがあります。

狭い道路で右折するときは、早めに右側に車線を移してから
右折したい気持ちはよーく解りますが、
とにかく絶対にやめましょう。

 

まとめ

今のところ事故にあったことはありませんし、
転倒してケガをしたことも、運良くありません。

でも、往復32kmも自転車通勤していると、
いろんな場面に遭遇します。

心がけることはまずは安全運転。
次に、通勤経路の状況は把握して、
危険を予測することが安全無事のポイントと思います。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*