自転車通勤を2週間できないと体重はどうなったか?

Pocket

自転車通勤 ダイエット 効果
自転車通勤をダイエット目的で始めて1年と4ヶ月が経とうとしています。

2014年9月に自転車通勤を始めた当初は、
体重74kgでした。

それが、一年後には70.8kgになったんです。
マイナス3.2kgです。

自転車通勤がダイエットに大きな効果があることは、
自分としては間違いないと思っています。
(個人差はありますからね)

ただ、最近は師走のため多忙につき、
自転車通勤が全然出来ていないんです・・・


スポンサーリンク

自転車通勤を2週間できないと体重はどうなったか?
2715167ad107982190de65bc144102f5_s

体重はどうなったか?

どれくらい自転車通勤できていないかというと、
約2週間です。

だいぶ、“ロス感”がつよくなってきました。
たったの2週間なんですが。。。

それくらい、自転車通勤を始めたことで、
体重が減っただけではなく、
ストレスも解消できていたんだなと実感しています。

で、ダイエット目的で自転車通勤を始めたわけですから、
2週間自転車通勤をできないと体重がどうなるのかを、
確認しておくことにします。

体の重さを実感しているので、
明らかに体重は増えていると思います。

自転車通勤をしていないことと、
忘年会などの連続で、
暴飲暴食の連続でしたから・・・

恐る恐る体重計に乗っみました。

73kg!

しっかりと太ってました。

太った理由

あれー?
自転車通勤によって筋力が増えているので、
体の代謝がアップしているため、
多少運動しなくなっても太らなくなったんじゃなかったのか?

うーん・・・
と考えてみたんですが、
自転車通勤を始める前よりも、
食事に気を使わなくなっていました。

自転車通勤スタート当初は、
体重を減らすために、
ランチ時のお米の量を減らすようにしていました。

そのため、順調に体重が減ったため、
その制限も無くし、さらに食事や間食も増えていたんです。

それでも、毎日往復32kmの自転車通勤のダイエット効果は大きく、
全然体重は増えていませんでした。(減ってもいませんでしたが)

しかし、その運動という消費がなくなり、
暴飲暴食という摂取が増えれば太るわけですね。

当然の結果です。

まとめ

ただひとつ言えることは、
自転車通勤ができなくなって1週間くらいは、
体重や体の変化は少なかったと思ってます。

体重計は乗っていなかったんですが、
風呂上がりに鏡に映る自分の体は、
いつもと変わっていませんでした。

やはり2週間という期間は、
非常に長いんだなと感じています。

それに、これから正月の間も、
自転車通勤はできませんから、
約3週間しないことになります。

ある程度は節制しないと、
自転車通勤を始める前以上のデブに
なっちゃうかもしれませんね。

皆さんも、
お正月の暴飲暴食は控えましょうね。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*