自転車通勤で”ダイエット成功のポイント”と”大きな罠”

Pocket

自分は自転車通勤を始めて約4年が経過しました。

しかし自分でもよく続いたなと感心します。

自分で自分を褒めてあげたいですね。

2014年9月に自転車通勤を始めたきっかけはというと、

ダイエット

でした。

なんとか、体重を約4kg落とすことができています。

そんな、自転車通勤ダイエットの成功者である自分が(エラそうですみません)、
今後、自転車通勤をして痩せたいと思っている方に確実に痩せるためのポイントと注意点についてアドバイスをしたいと思います。

自転車通勤ダイエットのポイントと注意点

photo credit: Steve Snodgrass Toledo via photopin (license)

自分は身長が175cmです。

自転車通勤を始めた当初の体重は、74kgでした。

その後、約半年ぐらいで3~4kg程度体重が落ちまして、
現在も70kg前後をいったりきたりしています。

決して痩せているとは思っていませんが、175cmで70kgならば、以前に比べたらそんなにメタボでもないかなと自己満足しています。

さて、自分が自転車通勤ダイエットをしている最中、気をつけていたことについてお話します。

 

自転車通勤ダイエットで痩せるポイントと罠

自転車通勤ダイエットを始めたんだと、いつも意識することが大切です。

単純ですが、これをいつも忘れないでいることが非常に重要なんです。

それは、自転車通勤ダイエットを始めると、
始めただけで満足してしまう方が多いということです。

これまで、電車や車で通勤していたから、自転車で通勤すれば、運動量が増えるから痩せるだろうと、
それだけで満足してしまうということです。

これでは、生活リズムが乱れて、逆に体重が増えるような事態にもなりかねません。

しっかりとダイエット中ということを意識して、毎日ある程度の距離を走行すれば、確実に痩せられます。

 

自転車通勤で痩せるための距離

スポーツバイクだと、だいたい平均15kmぐらいでるでしょうか。

そうすると、ダイエットに効果があるといわれる20分の有酸素運動に達する距離は、約5kmということになります。

片道5km以上の自転車通勤ならば、それまでより確実にカロリーは消費しますから痩せるはずです。

しかし、自転車通勤ダイエットをしていると、大きな罠が待っていたりします。

自転車通勤ダイエットの大敵

それは、

お腹が空く

ということです。

自転車通勤はけっこう激しい運動をすることになります。

すると、自転車通勤を始める前より、確実にお腹が空くんですよね。

そこで、ガッツリ食べてしまうと全然痩せることができません

自分はなかなか体重が落ちない時期がありまして、その時のことを考えてみると、
いつもより多く晩御飯を食べてしまってたんです。

そりゃ、痩せないですよね。

また、自分はビールが大好物ですが、
夏場は、晩酌で缶ビールが1本増えていました。
これもやっぱり痩せない原因の一つでした。

自転車通勤の罠とは、

お腹が空いて食べ過ぎる危険性ということです。

 

まとめ

自転車通勤を始める前の生活リズムに自転車での通勤を加えるだけであれば、
確実に体重は減っていくと思います。

「今日あれだけ自転車で走ったから、もう1杯おかわりしてもいっか・・・」

これでは、自転車通勤ダイエットは成功しませんよ。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*