自転車でイヤホンは法律違反?改めて確認してみた

Pocket

photo credit: kohlmann.sascha Woman with Headphone via photopin (license)

自転車に乗る時に一番気をつけたいことは、事故にあわないことです。
そして事故を起こさないことです。

最近では自転車が人にぶつかってしまい亡くなる方のニュースも大きく報道されてますよね。
多額の損害賠償が請求されるケースも珍しくありません。

自転車通勤をしている方は自転車に乗ることは毎日のことですから、より関心が高いはずです。

今でも、朝の自転車通勤の時、イヤホンで音楽を聴きながら自転車を走らせている方を見かけます。

これは非常に危険なことと再認識していただきたいと思います。

さて、危険なのは分かりますが、
法律的にイヤホンをして自転車に乗ることは違反となるのか?

今回は改めて確認したいと思います。


自転車でイヤホンは法律違反か?

結論からお伝えすると、

法律違反ではありません。

2015年6月に道路交通法が改正されて、危険な走行をする自転車を罰する内容が強化されました。

自転車の危険走行について、「飲酒運転」「信号無視」など14種類が決められました。

危険レベルに応じて、懲役・罰金など厳しい処分がくだされる可能性があります。

14歳以上が対象ですが、3年以内に2回以上取り締まりを受けると「違反切符(赤切符)」の対象となり、「自転車運転講習」を受けなければいけなくなります。

なお、講習時間は3時間、手数料5,700円の支払い義務が発生します。

その14種類にはイヤホン走行は入っていません。

しかし、イヤホン走行で取締りを受けた場合は、警告レベルとなり「自転車指導警告カード」といわれる黄色いカードがきられる場合があります。

 

方耳イヤホンなら大丈夫なの?

ちなみに、方耳イヤホンならいいのか?という議論も出てきますが、これもアウトと思っておいたほうがいいと思います。

国の法律で決まっているわけではないので、微妙に各都道府県によって変わってくるようです。

自分で勝手に判断せず、都道府県の条例を確認することが大切ですが、方耳だとしても、自転車走行中はしないほうが良いことは間違いありません。

 

まとめ

今回は法律面から自転車でイヤホンをつけている場合について考えてみました。

しかし、一番大切なのは言うまでも無く事故を起こさないことです。

当たり前のことですが、耳を塞いでいるわけですから危ないに決まっています。

五感の一つを奪われた状態でブンブンと車が走っている道路を走行するわけですから。

周りの音が聞こえず走行することの危険性を再認識しましょう。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*