e-bikeは自転車通勤に最適じゃないだろうか

Pocket

30035691882_daaaa25107_b
photo credit: Reiterlied Biking in the streets of Hamburg via photopin (license)

毎日寒い日が続きますね。

みなさん、自転車通勤がんばってますか?

冬はやり方によっては夏よりもきっと楽しく自転車通勤ができるはずですから、ダイエットやストレス発散のためにもがんばっていきましょう。

冬の自転車通勤を乗り切るために大切なこと

とはいえ、冬は北風が強くて、漕いでも漕いでも前に進まない・・・
そんな日ありますよね。。。

寒さよりも風との戦いという面のほうが大きいかもしれませんね。

最近、「e-bike」ってのが流行りつつあるのご存知ですか?

もしかしたら、通勤自転車には最適なのかもって思ってます。

スポンサーリンク

e-bikeとは? メリットや特徴は?

01_px400
出展:日経トレンディネット

e-bikeとは、電動アシスト自転車のことです。

まだまだ日本ではあんまり乗ってる人も少ないかもしれませんが、ヨーロッパではメジャーな自転車のようです。

簡単にポイントをご紹介します。

e-bikeのメリット

当然ですが電気動力でペダルをこぐのをアシストしてくれますから、坂道や風が強い日でも楽に自転車を運転することができます。
また、女性とツーリングやポタリングに出かけるときは、女性がe-bikeだと体力差があっても楽しめるんじゃないでしょうか。

電動アシストについて

自転車本体に取り外しできるバッテリーがついてるので、それを家庭のコンセントで充電します。そのバッテリーからペダルの回転をアシストするドライブユニットへ電力が供給される仕組みです。
電動アシストの割合は、速度が10kmまでは、人力と電気が1:2の割合でアシストしてくれるので、最初のこぎ出しが楽ですね。
そして、速度が上がるにつれアシスト力が減衰していって、24kmでアシストが0になるようです。

走行可能距離

バッテリーの種類によりますが、だいたい10km~50kmくらいのようです。
これだけ走れれば、自転車通勤にも使えそうですね。

電池切れになったら?

途中で電池がなくなっても、普通の自転車みたいに走行できますのでご心配なく。
ただし、ペダルはちょっと重たいらしいです。

 

自転車通勤におすすめのe-bike

電動アシスト自転車という、ママさんが子供を乗っけて走ってるイメージですよね。
ママチャリみたいなやつで。

でも、最近は長距離の自転車通勤にも利用できそうな、カッコいいe-bike(電動アシスト自転車)が販売されてるんですよ。

例えば、こちら。

YAMAHA YPJシリーズ

YAMAHA YPJ-C
index_bike

ちょっとバッテリーが目立つかもしれませんが、普通のクロスバイクみたいですね。
重量が16kgなので、この辺が普通のクロスバイクとは違うところ。
でも、電動アシストなんで重さは関係ないですかね。
「お店で受取り専用」「ヤマハ」2016 YPJ-C 700C 外装18段変速 電動自転車 クロスバイク

YAMAHA YPJ-R
index_bike
ロードタイプです。
見た目、本格ロードバイクって感じ。
YAMAHA(ヤマハ) 2016年モデル YPJ-R フレームサイズ:M(500mm) カラー:ブラック/グレー
 

BESVシリーズ

BESV LX1
content-spec-2

オシャレです。
こんなの乗ってたらみんなに二度見されちゃいそうですね。

まだまだいろんなメーカーがe-bikeを販売してます。

でも、ヤマハかBESVあたりが安心かな。

もっと、価格が下がってくると、日本でもどんどんメジャーになっていくことでしょうね。

まとめ

改めて言いますけど、e-bikeは自転車通勤には最適かもしれません。
だって、自転車通勤には大敵の風に強いんですもん。

きっと自転車通勤がより楽しくなるに違いありません。

次回の愛車乗り換え時は、まじめに検討してみよっと。
盗難だけが心配かな。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*