自転車通勤の「すごい効果」には目を見張るものがあります

Pocket

a2a09728d6c073ca3480c1b675fb9b8b_s

片道16kmの距離を自転車通勤し始めて1年が経過しました。

もともとダイエット目的で始めたもんですから、
効果ははっきりと出ています。(こちらのシリーズをご確認ください)

ダイエットに関連したことや、それ以外にも、いろんな良い効果がでていますので、
その辺りをまとめてみたいと思います。

自転車通勤による効果

スリムタイプのスーツになった
1411023286727

スリムといっても、Y帯ではありませんが、
AB帯からA帯へ戻ったんです

新卒でサラリーマンになってから、ずっとA7のスーツを着ていたんですが、
5〜6年前からAB6にサイズアップしていました。(要するにデブ)

それが、8月に秋冬のスーツを買いに行った際、
店員さんに身体のサイズを測ってもらったら、
「お客様は、A7です。」と・・・・(喜)

以前着ていたスーツサイズに戻って、
気持ちも若返った気がしています。

Tシャツが似合うようになった(と思う)
001525431C14

ここ数年、夏場に着るTシャツが似合わなくて困っていたんです。
胸板も筋肉の上に脂肪がついていて、
胸がたるんでいるようなシルエット。

当然お腹周りも、たっぷりと脂肪がついていて、
典型的な中年太り体系でした。

ですから、ここ最近はTシャツは買わずに、
体系が目立たないシャツばかり好んで着ていました。

でも今では、以前のようなビール腹もへっ込んできましたし、
胸についていた余分なお肉も無くなったので、
Tシャツが似合うように戻ったと思っています。

デブの意識からだいぶ変わってきたので、
鉄アレイを引っ張り出してきて、
少し筋トレをしてみたら、
腕や胸筋もついてきて、より身体にフィットする
Tシャツが似合うようになったと思ってます。

風邪をひかなくなった
8ef983ed0b17eaf3371909ca73f9758c_s

自分はこれまで、年に一回は38度くらいの高熱を出す事がありました。
時期もだいたい決まっていて、インフルエンザが流行する2月くらいでした。

今年は、インフルエンザどころか風邪気味になったりしたことも
ありませんでした。

多分、自転車通勤により体力がついたことで、
いつも負けてしまうウィルスに対抗できたおかげだと思っています。

美味しく食事できるようになった
0e575baa250259292a0fb0a28d4958d2_s

毎日の食事が美味しくなりました。
特に、帰宅後の晩御飯が美味しくなったんです。

自転車通勤で有酸素運動を行い、風呂に入って汗を流してから
食べる食事は格別です。

それまで、よほど運動不足だったことがよく分かりました。

これを食べたら、太るかも・・・
という心配も、あまりしなくてよくなりました。
毎日、自転車通勤で十分な運動を行っているわけですから。

満員電車の苦痛がなくなった
3af0d359b1068939b54a960ca00afc8e_s

満員電車が好きな人はいないですよね。

それまでは、会社に到着するころには、満員電車の苦痛と疲労で
ヘトヘトになっていました。
定年まで、この苦痛を毎日味わうのか・・・

そんな風に思っていたんですが、
自転車通勤により解消されたわけです。
この苦痛が無くなったことは、人生において大きなことかも?
なんて、大げさに思えるほど解放されたことを喜んだりしてます。

 

まとめ

ほんとは気が付いてないだけで、もっと良い効果があるかもしれません。

一例として、風邪をひかなくなったと書きましたが、
現在では効果は分からないものの、これから年齢的にも気をつけなければいけない、
心筋梗塞や脳梗塞などの性格習慣病も未然に防げるんじゃないと考えています。

結論的に「痩せてかっこよくなって、健康にもいい」
自転車通勤を、みなさん是非はじめましょう。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*