道路交通法が改正されて一ヶ月、自転車通勤者はこんな変化があった

Pocket

道路交通法改正から一ヶ月

6月1日に新しい道路交通法になって一ヶ月が経ちました。

自転車通勤をしていますが、この一ヶ月こんなことが変わって、これは変わっていないなってことを考えてみました。

変わった点

右側の路側帯は走らなくなった

以前から非常に危険を感じるため、右側の路側帯を走ることは少なかったんですが、より意識して走ることがなくなりました。

右側路側帯を走っていて事故してしまう状況は、車との正面衝突など命の危険が相当ありますよね。また、右側走行をしなければ事故率も当然下がるはずですので、この法改正があって良かったと思っています。

 

信号を厳守するようになった

これも前から守っていました。。。が、小さな信号や、明らかに車が通っておらず、誰も周りにいない・・・
そんな時は、思わず破ってしまいがちでした。
今は、守っています。

 

走行中に勉強しなくなった

実は5月以前はiPhoneで英語(TOEIC)の勉強をしながら通勤していたんです。(方耳だけイヤホン)
これができなくなってしまいました。
勉強の進展に、ひじょーに大きく影響しています。
次の試験で目標に到達できなかったら、明らかにこの法改正のせいです(怒)

 

路側帯を走ることが多くなった

これは良かったんでしょうか?
歩行者への影響を意識して、歩道はあまり走らなくなったんです。
そのかわり、路側帯を爆走しています。

変わらない点

一時停止しない

たしか法改正に、自転車も一時停止線で止まれとあったと思います。
軽車両ですから当然といえば当然ですが、自転車なのに一時停止線で止まっていたら、メリットがた落ちですよね。

ですから、この点は前と変わっていません。

 

2段階右折はしない

変わった点で、右側路側帯を走らなくなったと書きましたが、厳密には少し走っています。
2段階していませんので、少しは右側を走ってしまってます。
ただこれも、車や歩行者との衝突の危険性が高くなるので改善したいと考えています。

 

周りの変化

雨の日

自分が住んでる地区の高校生は、それまでは傘を手差し自転車だったと思っていますが、みんなカッパ着用になりました。
高校が認めている上下タイプのレインウェアは着替えが大変そうです。
ポンチョならば便利かもしれないですね。

でも相変わらず、主婦やOLさんは、傘手差しですよね。

 

おまわりさん

警察の方が、普段いないところに立ってたりします。
これは取締りをしているんでしょうか?
だけど、自分は一度も取締りしているところを見たことがありません。

 

まとめ

先ほども書きましたが、一度も警察が違反走行を捕まえて、取り締まっているところを見たことがありません。
6月初めはすごく慎重になっていましたが、だんだん前と同じ意識に戻ってきてしまいました。
だけど、この法改正で安全運転意識が高くなったことも事実ですので、
「メリット」と感じる部分はしっかりと守っていきたいと考えています。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*