【自転車通勤】お巡りさんに、ご指導いただきました

Pocket

e285cb62d9819cf98942f61a2fa62ede_s
自転車通勤をしていて帰宅途中に、初めて警察官に声をかけられました。

もともとは自分が悪かったんですが。。。


警察官にご指導を受ける

違反切符をきられる?
97d50550dd17d5bde750c9d439349e29_s

名古屋市内の会社を出て、残り5分程度で自宅へ到着というところでした。

胸のポケットに入れている携帯電話へ着信が入ったんです。
お客さんからでしたので、早く出なければということで、
自転車を止めずに出てしまいました。

しばらく、自転車をゆっくりこぎながらお客さんとお話していたんですが、
後ろからオートバイの音がしてきて、だんだんゆっくりとなり、
自分の後ろをなんだかついてきているような気が・・・

カブに乗ったお巡りさんでした。

「自転車に乗りながらの携帯は違反ですよ」

「あ、すみません・・・」

自転車からいったん降りるようにい促され、
最近、非常に自転車事故が多く、
携帯で通話しながら事故すると賠償など大変なことになりかねない
など、非常に優しく指導してくれました。

お話を聞きながら、自分の頭の中は、
やばい、違反切符切れるのか?
安全講習を受けなければならないのか?
ということが頭を渦巻いていました。

免罪です
2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

しかし、お巡りさんは、
そんな気持ちはないようです。

やさしい指導の後、
お巡りさんから、
「防犯登録の確認をさせてもらってもいいですか?」
との要望があったので、
違反切符が切られないならなんでもいいですよとばかりに、
「全然、大丈夫ですよ」
と答えました。

お巡りさんは、暗がりだったため、懐中電灯で照らしながら
クロスバイクの防犯シールに殴り書きされている番号をメモしました。

「お名前を教えてください」と言われ、名前を告げると、
お巡りさんは無線を使って本部へ防犯番号と名前の照会を依頼します。

その間、通行人はジロジロこっちを見てきます。
「あの人、自転車泥棒なのかな?」って感じで。
恥ずかしいですね。

本部への照会ができたようです。
でも何故か、お巡りさんの表情が若干険しくなっているような・・・

山田さんって、誰ですか???

「えっ、知りませんけど・・・?????」

お巡りさんの目が、完全に、自転車泥棒を見る目にかわりつつあります。
疑惑が確信に変わったてきな。

「そんなはずないので、もう一度確認をお願いしまっす(汗)
自分は泥棒していませんから」

改めて、二人で番号を確認したところ、
お巡りさんが、番号をメモし間違えていただけでした。

疑惑もとけ、
丁重にお巡りさんに、お詫びされ、
開放されたわけです。

 

まとめ

ちょっとドキッとした体験でしたが、
もともとは自分が自転車に乗りながら携帯を利用したのが、
悪かったわけです。
今後は、気をつけなければと思います。

また、自分たちのような自転車通勤者には、
自転車泥棒というのは、憎むべき敵ですね。

お巡りさん、ご苦労さまです。
これからも、がんばってください。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*