自転車通勤者が受ける電車通勤での「5大ストレス」

Pocket

36e070cd1b1e0adc447ab553325f092b_s
普段は自転車通勤をしていますが、雨の日や仕事終わりに飲み会などの予定がある日は、
おとなしく電車で通勤をしています。

もともと自転車通勤を始めた大きな理由はダイエットのためでした。

自転車通勤をダイエット目的ではじめたら結果こうなった その1

また、満員電車のストレスもかなりあったんです。

今は時々しか電車通勤をしませんので、以前にもましてストレスになってます。。。

自転車通勤をしていない方には普通のことかもしれませんが、
いったん離れてみると、こんなことがとっても苦痛なんです。


スポンサーリンク

満員電車はたいへんなストレスを受ける

e593355b580f3dfda88fcd98dfe2dc08_s

満員電車は戦場なみ?

満員電車のストレスってすごいみたいですよ。

ある雑誌でこんな記事がありました。

「通勤ラッシュ時の満員電車に乗った際のストレスは、臨戦態勢に入った戦闘機のパイロットや機動隊の隊員よりも高く、ジェットコースターが落下する寸前の2倍以上と試算される」

出展:日刊SPA

ものすごいストレスに耐えているんですね。

これから書くことは主観ですし、
毎日、電車通勤をしている人には申し訳ありませんが、
きっととっても些細なことです。

また、これらは自分の性格にも問題があるかもしれません(笑)

もしもこれから記事を読んでいただけるなら、
気分を害さないでくださいね。

満員電車での5つのストレス

満員電車に乗ること自体がストレスを感じると思いますが、
自転車通勤者の自分が感じるストレスを列挙してみます。

傘があたる

雨の日は自転車通勤をしていません。
従って、電車の中は濡れた傘を持っての満員電車です。

当然、自分も傘を持っていますから、なんとか他の人に傘が当たらないようにと、
自分の体の前で隠すように持っています。

ほとんどの人が他人に迷惑をかけないようにと、傘を扱っているんですが、
中にはそんなこと全く考えない人もいるんですね。

自身の濡れた傘を全く気にすることもなく持っている人がいます。
そんな人の隣に立つと、ズボンが傘に触れてベタベタになってしまいます。
ハラがたつのは自分だけでしょうか。

スマホがあたる

また、あたる系です(笑)

スマホが普及して何年もたちますが、当初から気になっていたことでもあります。

現在、電車に乗っていると、かなりの割合の人がスマホを使っていますよね。
別に電車内でスマホを使うことは、まったく問題ないんですが、
満員電車ではどうかと思ってしまいます。

一番気になるのは、自分の後ろの人のスマホが背中や後頭部にあたることです。
イラッとしませんか?

暑い

自分は暑がりだからかもしれませんが、満員電車で体を他人と密着していて、
「暖かくて気持ちいいな~」と思うことは、ほとんどありません。
冷え性の女性なんかは、心地いいんでしょうか?
(んな訳ないですね)

真冬でも厚着していますから、満員電車に15分も乗っていると汗をかきます。
そして電車を降りると極寒ですから、汗が冷えてきてとても辛いです。

これは汗かきの自分だけかもしれないですね。

リュックがのしかかる

どういう意味かというと、満員電車でもリュックを背負っている人いますよね。

こういう人の後ろに立つのは避けたいです。
自分との間に挟まれたリュックの重みを自分も感じることになります。
本人は、軽く感じてよいかもしれませんが・・・

最近では電車の車内放送でリュックは下ろすようにアナウンスされる事もありますね。

臭い

夏の満員電車でよくあることなんですが、
隣に立っているおじさんの汗臭ささに死にそうになるときってありませんか。

思わず途中下車したくなります。

こればっかりは文句言えないですもんね。
もしかしたら自分も夕方とかににおいを発しているかもしれませんし。

まとめ

お互いが気を使えれば軽減できることもあるかもしれません。

でも、満員になることはどうしようもないことですので、
ある程度のストレスは避けきれません。
サラリーマンも大変です。

もし満員電車のストレスで苦しんでおられたら、
是非とも自転車通勤を検討してみてくださいね。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*