自転車通勤がイッキに快適で楽になった!

Pocket

6876953800_79bcdbfb65
photo credit: Keep on rolling … via photopin (license)

自転車通勤をはじめて1年4ヶ月が経過しました。

会社までは片道16kmなんですが、
経路としては数パターンあります。

最近は、ある経路ばっかり走行しているんですが、
それには理由があるんです。


スポンサーリンク

自転車通勤が快適になった訳

2679457729_bb7a6d1d0b
photo credit: Fährschiff via photopin (license)

はじめは裏道を選んだ

自転車通勤をはじめた当初は、
どこを通れば最短距離で会社までいけるか?
ばかり考えていました。

だいたい、キョリ測を使ってましたね。

そして、なるべく車が走っていない裏通りを選んでいました。

やっぱり、車がバンバン走っている道の路側帯は怖くて走れませんでした。

裏道ですから、民家の間を通り抜けたり、
道は舗装が粗かったりして・・・

それでも自転車通勤を満喫していました。
ダイエットも成功しましたし。

新しい通勤経路で快適

しかし、最近はいつも同じ道ばっかり選んでいるんです。

それは、
車がバンバン走っている道の路側帯です!

まずは、車の横を走ることに慣れたことがあります。
いいのか悪いのかわかりませんが。

そして、何よりも走っていて、
快適なんです。

その道は結構交通量の多い県道なので、
道がしっかり舗装されていてキレイなんです。

そのため、自転車を運転していて、
気持ちよく、非常にスムーズです。
路側帯も広いですし。

ずっと、その路側帯を走っている訳ではなく、
広くて安全そうなところだけを選んで走っています。
路側帯が狭い所は、
ゆっくりと歩道を走行しています。

それまでの裏道は、
舗装はされていますが、下水管の補修の後など、
ガタガタしている道が多かったんです。
また、道順も複雑な経路になっているため、
ブレーキし加速という運転になっていました。

県道の路側帯を走るようになってから、
疲労感が全然違います。
ずっと、高速でまっすぐ走れる道が多くなったので、
当然ながら疲労度が違っています。
あまり疲れなくなった気がしています。

片道16km中、半分程度はその県道を走るようになって、
自転車通勤がイッキに快適で楽になった気がしています。

いつまでも、なるべく快適な自転車通勤経路を探求することは、
とっても重要ですね。

まとめ

しかし、調子に乗った運転は厳禁と思ってます。

快適なんですが、大変な危険と隣り合わせということを、
しっかりと理解して自転車通勤を続けていきたいと思います。

スポンサーリンク

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*