【自転車通勤】クロスバイクのタイヤを交換した

Pocket

写真 (19)
得体の知れない金属片が自分の愛車の後輪にブッ刺さってしまい、7回目のパンクをしてしまいましたが、タイヤに5mm程度の穴が開いてしまいました。

7回目の後輪タイヤのパンク報告(得体の知れないものが刺さった!)

ネットで知識のある方々のお話では、5mmもの穴が開いてしまうと、そこから走行中に小石などが入り込んで、チューブのバーストを起こしかねないとのことでした。

ということで、やむなくタイヤを交換することにしました。


スポンサーリンク

クロスバイクのタイヤはどれがいいのか?

今回、後輪タイヤの交換をするにあたって、どんなタイヤにするか?結構悩みました。

まずは、パンクがなるべく起きないタイヤはどれかということです。

たいへんご親切にブログを見てくださった方(コジマさんありがとうございます)にご紹介いただいた、シュワルベのマラソンが第一候補になりました。

実際に、店頭にも置いてあったので触れてみたんですが、路面と接する部分は明らかに頑丈にできていて、確かにパンクしづらそうです。
でも、いままで履いているタイヤ(SERFAS SECA)に比べて、ちょっとお高めです。

パンクに悩んでいる自分にとっては最適と思ったんですが、他にも予備のチューブやらパンク修理キットやら、もろもろの出費がかさむので、懐に余裕がない自分としては、今回は断念しました。

前輪と後輪のタイヤサイズは違っていいのか?

なるべく安いタイヤにしようと思った理由はもうひとつあります。

それは、いずれ23Cにしてみたい!って理由です。

今回は後輪のタイヤだけの交換です。
予算的に後ろだけですが、23Cにするチャンスではあります。

しかし、前輪は従来の28Cで後輪を23Cにするのは、大丈夫なのか?
安全面はどうなのか?

これも、お詳しい方々のサイトを確認すると、いろいろな意見がありました。

まず、安全面については、特に問題なさそうでした。
しかし、前後どちらのタイヤ幅を大きくしたり小さくしたりするべきかということが、意見の分かれるところでした。

多くは、前が小さいタイヤ幅で後ろを大きくするというもの。
自分がしようとしていることと逆ですね。
このメリットは、前タイヤが小さいことで、ハンドリングがしやすくなるということでした。

少数意見でしたが、後ろのタイヤ幅が小さいほうがいいんだっていうのもありました。
このメリットは、後輪タイヤが駆動部になるわけだから、タイヤ幅が小さいほうが走り出しが軽くなるというもの。

どちらのメリットも理解できましたが、やっぱりなんとなく前後大きさの違うタイヤを履くことは違和感を感じてしまいます。

ということで、23Cへの変更は、前後同時に変えるタイミングにすることに。

じゃあ、今回は暫定的に今までどおりのお値打ちなタイヤにしておこうってことに決定しました。

SERFAS SECA です。
写真 (20)

安くてお値打ちなんですが「高性能で走りが軽い」とありますね。
写真 (22)

個人的には十分に満足していますが、もっと高い製品は走りが更に快適なんでしょうか。

まとめ

パンクが頻繁に発生することによって、自分でチューブのパンク修理もできるようになったし、新しいタイヤを検討する機会もできたわけで、これはある意味、自転車通勤者として、少し成長できてるのかなと思ったりもしてます。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*