【自転車通勤】”つま先の寒さ対策”におすすめのシューズカバー5選

Pocket

自転車 つま先 寒さ対策

そろそろ本格的な寒さがやってきましたね。

冬の自転車通勤には寒さ対策はかかせません。

寒くなってくると、まずは手の冷たさが辛くなるため、グローブをつけると思います。

その後、ほんとに冷え込んでくると、足の指先の感覚が麻痺するくらい、
冷たくなってきます。

こうなると、危険ですしツライですよね。

そんな時期は、
シューズカバーを履いて出勤しましょう。


”つま先の寒さ対策”におすすめのシューズカバー5選

1.シマノ(SHIMANO) WEAR 15’S2000D シューズカバー L ブラック ECWFABWMS22UL4

71L1rZ2i-oL._SL1200_

 

・前面からの風の侵入を防ぐパネルデザイン。
・シューズのつま先に合わせた3Dシェープ。
・伸縮性に富んだ2mm厚のネオプレーン。
・ロードでもMTBでも着脱しやすい。
・底部ベルクロ仕様。
・アクティブなペダリングが可能なローアンクルシェープ。
・低照度下での視認性を高めるリフレクター。

足首までしっかり風をカバーしてくれそうです。
また、かかとのリフレクターも帰りの夜間には安心ですね。
シマノですから、間違いないかも。
61ydvwJGZnL._UL1500_
気温5℃に対応するパールイズミ定番の冬用シューズカバーです。暖かさと動きやすさを兼ね備えた「ウィンドブレーク」を生地に採用。防風性に優れ、足を保温する冬の必須アイテムです。
パールイズミの製品は、全般的に評価が高いです。
これも足首までしっかりカバーしてくれそうです。

 

31fjG1koAkL
シューズの上から着用することで防風保温性を高め、特に冷えやすいつま先のみを保温するフットフォーマーです。
素材には大変高い保温性を備えるネオプレンを採用しています。
さまざまなシューズにフィットしやすく、着脱も容易です。
ビンディング・ペダル対応。
とにかく、つま先だけは暖かくしたいという方は、
こういうのがいいかもしれません。
携帯性もいいですしね。

 
4.オンヨネ シューズカバーAG S/ブルー(737)

  • 高いフィット感でペダリング時のバタつきを抑え、足首の動きにもスムーズに追従。
  • ストレッチ性があるのでフィットしやすく、スピーディーな着脱も可能です。
  • 夜間の視認性を考慮して安全面を考慮してつま先、足首、マジック仕様つまみに再帰反射ロゴを搭載。

ストレッチ性があるみたいなので、着脱が楽そうですね。

朝の時間が無いときでも、さくっと履けそうです。

5.モンベル(mont‐bell) サイクル フットウォーマー ショート ブラック BK M

シューズの上から着用することで防風保温性を高め、足元を冷えから守るフットフォーマーです。素材には大変高い保温性を備えるネオプレンを採用。晩秋や早春のサイクリングに最適です。さまざまなシューズにフィットしやすく、着脱も容易。ビンディング・ペダル対応。

風がより当たるであろう、足の前面を風からカバーしてくれそうです。

走行してると体は温まってきますから、これくらいのでいいのかもしれませんね。

 

まとめ

冬の自転車通勤の寒さ対策は、ここまでやれば、かなり辛さをしのげるんじゃないでしょうか。

ただし、革靴の方は厳しいかもしれませんね。

これらシューズカバーは革靴の上には履けないかもしれません。

自分が通勤で履く靴がどういうタイプなのか確認してから購入するようにしましょう。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*