【自転車通勤】”冬を乗り切る”ためのポイントはここです

Pocket

自転車 通勤 冬 対策
自転車通勤をしていると、時々つらいなと感じるときが正直言ってあります。

仕事が忙しくて疲れているときも、
多少はあったりしますが、
そういった身体的な疲労は、
自転車通勤に慣れてくると、
あまり感じなくなります。

自分が一年間、自転車通勤を続けてきて一番つらいと思うことが多い時期は、
ずばり、です。


【自転車通勤】”冬を乗り切る”ためのポイントはここです
自転車 寒さ 対策

夏はどうなの?

夏は確かに暑いので、春や秋に比べて大変ではあります。

でも、”つらくはない”んです。

なぜならば、自転車通勤は朝か夕方以降に行うからです。
(昼出勤のかた、ごめんさない)

朝夕は真夏で気温は高くても、太陽の日差しはきつくありません。

自分は夏の自転車通勤で、暑さでつらいと思ったことは一度もありませんでした。
日本でもかなり暑い地域であろう、名古屋を走行していてもです。

気になる汗についてですが、
これは、初春から初秋にかけて必要となりますから、
ある意味、いつも対策が必要でして、
夏だけのものではありません。

冬を乗り切るポイント

じゃあ、冬の寒い時期にどうやって自転車通勤を続けていくかというと、
”防寒対策をしっかりする”こと意外にありません。

寒くて一番最初につらくなるのは、
手の冷たさですね。

続いて、体の寒さだと思います。

最後に、かなり気温が下がってくると、
耳が痛くなってきます。

手の対策は、自転車用のグローブが最適です。
風を通さないしっかりとした生地が使われているにもかかわらず、
立体裁断でハンドル操作を妨げない良い商品がたくさんでています。

体は、上半身と下半身に、高機能インナーを身に着けましょう。
冬でも長く走行していると汗をかきますが、
速乾性が高く、また保温性が高いものがおすすめです。
GUとかで安くていいものが販売されていますから、
たくさん購入しておくと便利かもしれません。

最後に耳ですが、
イヤーウォーマーというものがあります。
デザインも様々ですから、
自分の好みのものを選びましょう。

(追記)2015/11/24

足の寒さ対策に、シューズカバーもありました。

まとめ

これらのアイテムで、
防寒ポイントである、
手、体、耳をしっかりと防寒対策すれば、
きっと寒い冬を乗り切ることができるでしょう。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*