自転車通勤のクロスバイク等はどこをメンテナンスする?頻度は?

Pocket

photo credit: Francis Barton My homemade wheel truing stand via photopin (license)

photo credit: Francis Barton My homemade wheel truing stand via photopin (license)

みなさん、自転車通勤やってますか?

毎日蒸し暑くって大変ですよね。もう汗だくです!

しっかりと水分を補給しながら、自転車通勤をがんばっていきましょうね。

さて、自分自身も水分補給などメンテナンスをしながら自転車通勤をしていくわけですが、
自転車だって日常のメンテナンスは欠かせないんですよ。

事故なんて起こしたら大変ですし。

そうならないためにも、毎日片道16kmを自転車通勤している自分が日頃行っているメンテナンス等をご紹介しますね。

パンクを防止しよう

photo credit: Bruce Stokes Damn slow puncture, part one via photopin (license)

photo credit: Bruce Stokes Damn slow puncture, part one via photopin (license)

まず、気を付けるべきポイントは『パンク』です。

「すいません、パンクして遅刻しました。」というのはあり得ませんよね。

公共交通機関を利用しての遅れは仕方のないことですが、自動車にしろ自転車にしろ渋滞等で遅刻しました、で許してもらえる会社はないと思います。
そのため、まずはパンクをなるべく防止するように努めましょう。

パンクは運によるところもありますが、注意すべきところは以下の3つだと思います。

  • 空気圧管理
  • 消耗品の点検及び交換
  • タイヤの銘柄

これらを注意すれば、パンクを未然に防止しやすくなります。

 

空気圧管理

空気圧管理は自分の体重やタイヤ銘柄にもよりますが、自分の体重とタイヤの適正な空気圧に気を付けることです。
と難しいことを書きましたが、空気が抜けている状態は危険ですし快適に走行できないので、常にパンパンに入れておきましょうということです。

できれば毎朝空気を入れるのがベストですが、面倒ですよね。

自分は週に1回、月曜の朝にタイヤの適正値いっぱいまで入れます。
これで一週間は快適に乗って行けますよ。

タイヤの側面に「110psi – 135psi」など、空気圧の最小値から最大値が表記されています。
体重が60kg未満の女性など軽い方ならば、最小値でいいと言われています。
自分は70kg以上ありますから、いつも最大値まで入れてますよ。

毎週一回は適正値まで入れましょうね。

おすすめ 空気圧計付ポンプ

 

消耗品の点検と交換

次に消耗品の点検及び交換です。

タイヤやチューブ、リムテープは消耗品です。
パンクしないからといってずっと使っていると摩耗してトレッド面が見えてきたり、スローパンクにつながったりします。

自分が使用している消耗品の耐久性はどうかを確認し、どの程度で交換するかという基準を決め、ダメになる前に交換するということが大切ですよ。

 

タイヤの銘柄

最後にタイヤ銘柄についてです。

通勤にしか使ってないからといって、安いタイヤを使って頻繁にタイヤ交換をするのは本末転倒です。

多様なタイヤの中でも耐パンク性や耐摩耗に強いものもありますので、そういったものを選ぶことも大切です。

特に後輪は対摩耗性が高いものを選びましょう。また、タイヤの太さも軽快さの23cよりも、25cのように路面状況の影響を受けにくいものを選んだほうが良い場合も通勤の場合では多々あります。

ちなみに自分が乗ってるGIANT ESCAPE R3は、25cをはかせています。

 

自転車通勤の日常メンテナンス

photo credit: koemu IMG_6888 via photopin (license)

photo credit: koemu IMG_6888 via photopin (license)

他に自分がメンテナンスで日常的に行っているものは、以下の3つです。

  • チェーン注油(週1回)
  • ブレーキシューの摩耗点検(随時)
  • ホイール類を外して清掃(2ヵ月に1回くらい)

注油はチェーンだけでなくスプロケット等の延命化にもつながるんですよ。
また、ブレーキシューの摩耗点検は大変重要ですので、随時行うようにしましょうね。
止まれなかったら命取りですもんね。

潤滑剤 フィニッシュライン

ブレーキアーチは特別なものを使ってはいませんが、ブレーキシューだけはシマノのデュラブレーキにも使われている高品質なものを使用しています。

清掃については、スプロケットやクランク、チェーンの摩耗具合等を確認することも出来ますし、自分の自転車に対して愛着を持って接することが出来るので、自転車通勤を長く続けるためにも大切なことだと思っています。

ボディ用トゥルータッチワイパー

 

まとめ

自転車通勤の自転車は仕事へ行くための大切な乗り物ですよね。
また、自分の命も乗せているという気持ちで考えるべきものです。

途中でパンクして遅刻しちゃった程度なら笑ってすますことができるかもしれませんが、大きな事故にあわないように、また、交通加害者とならないように、自転車通勤に利用する自転車は責任もってしっかりと日々のメンテナンスを行いましょうね。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*