新社会人さんへ「信頼される人」になるために肝に銘じること

Pocket

25287339521_85cd5869b1
photo credit: CIMG0149 via photopin (license)
新生活がスタートする季節ですが、新社会人になった人も自分のブログを読んでくれると嬉しいです。

自分は社会人になってずいぶん時間がたちましたが、最初に配属されたのが「営業職」でして今でも一線で活躍しているつもりです。

当時、尊敬していた先輩に一番最初に言われた事が今でもとても重要と思っていまして、
現在も大切に心がけています。

それは、営業がどうというよりも、人として当たり前のことなんですが。

でも、意外とできない人って多いんですよ。


スポンサーリンク

23290669453_709f3fc8d6
photo credit: THI_2656 via photopin (license)

皆さん、何だと思います?

挨拶?

挨拶などの礼儀は当然重要ですね。
挨拶もできない人っていますよね。
もうこれは人間として問題ありです。
挨拶の重要性については、また別の機会にします。

今回は、社会人として重要なことです。

それは・・・

「約束を守る」ことなんです。

約束を守ることの重要性

小さいころに教わりましたよね。
約束を守りましょうって。

当時、先輩にこれを言われたときは、「そんなの当たり前」って思ってました。

でも、営業に出るようになってから、お客さんに質問されたことを答えられないので、
宿題として持ち帰った時、うっかりそれを忘れてしまったことがありました。

これは、お客さんとの約束を守れず破ったことになるんです。

このとき、お客さんからも叱られましたし、先輩の言うことが理解できた出来事でして、
いい勉強になったと思ってます。

まだ若かったですから(今でも若いつもりですが)、お客さんは許してくれましたけど。

営業だけが約束を守ることが重要ではありませんよ。

社内の同僚とのやり取りでも、頼まれごとなどされることも良くあります。
それを忘れてしまったり、覚えていても無視してしまっては、信用はされないですよ。

誰とのやり取りでも、しっかりと約束を守ることが社会人として円滑に仕事ができる第一歩です。

約束を守るコツ

覚えているのに無視する方は論外です。
会社では勤められないでしょうし、一人で仕事をしていてもお客さんは離れていきます。

忘れてしまわないコツは、とにかくメモすることです。
そして、いつまでの期限なのかを確認するくせをつけることです。

また、自分では答えられない内容を頼まれた場合はどうするのか。
これは、期限が迫っているならば、まだ答えが見つかっていないことと、いつまでに答える予定なのかを、まずは答えることです。

最終は、先輩や上司に教えてもらい回答するか、最悪はわからなかったことを答えるんです。

まあ、当たり前のことですね。

まとめ

この当たり前のことができない人が多いんです。

頼まれごとを覚えているのに無視してたり、うっかり忘れてしまったり。

自分も、日々気をつけていることですから、社会人一年生さんは、信頼される社会人になれるよう、このことを肝に銘じてくださいね。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*