「仕事がはかどらない」「やる気がでない」場合は瞬間に集中しよう

Pocket

やる気を出す 効率 ポジティブ
photo credit: Kait via photopin (license)

仕事をしていて、思うようにはかどらないときや、
なんとなくやる気が出ないときはありませんか?

自分は営業職をしていますので、
お客さんと面談しているときは、それに集中できていると思っています。

でも、社内での資料作成や事務処理なんかのときは、
ほんとうに仕事がはかどらない時があるんです。

こんな時は、あることに気をつけて仕事することを心がけています。


スポンサーリンク

瞬間を大切にする

2661425133_1328692483
photo credit: Time via photopin (license)

時間があるとやる気がでない?

仕事がはかどらない原因はいろいろとあると思います。

体調が悪い、苦手な仕事などなど・・・

具体的な原因がわかっている場合はそれを改善すればいいわけですが、
なんとなくやる気がでないなどの場合は対策が難しいですよね。

意外とそんな時は、暇とは言いませんが時間的に余裕がある場合が多くないですか?

要するに無意識のうちに時間の余裕が分かっているため、
だらだらと仕事をしているんです。

だから、気持ちがのらずやる気がでないんだと思っています。

逆に忙しい時って、どんどん仕事をこなしていかなければなりません。

そのため、やる気があるから仕事ができるのではなく、
仕事が片付いていくうちに、やる気が出ているんだと思います。

時間を区切る

そういう意味からも、自分がやる気がなんとなく出ないなと感じる時は、
あえて意図的に忙しい状況を作り出してやることが必要と思います。

その方法は、時間的に余裕がある日でも、
1時間ごとに時間を区切って仕事をするということです。

まずは、1日のスケジュールを1時間ごとに区切ります。
そして、1時間が経過する毎に、進捗状況を確認していきます。

こうすることで、1時間の仕事に集中することができるんです。

集中すれば、やる気が勝手に湧いてくるものです。

1日の仕事時間を8時間と考えるんではなく、
1時間ごとに刻んで考えることで集中力も増え、
仕事の進捗もかなり違ってくると思います。

まとめ

仏教には、現在の一瞬を大切に生きることが大切であるというような
釈尊の教えがあるそうです。

仏教の勉強はしていませんの詳しいことはわかりませんが、
「瞬間を生きる」ことで、過去の失敗や未来への不安という、
考えても無駄なことから頭を支配されなくなり、
自分が今出来ることに対して集中できるということじゃないかと思います。

もし、なんとなくやる気がでないとか、仕事がはかどっていかない場合は、
瞬間は無理でも1時間くらいで区切って集中してみたらどうでしょうか。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*