「ほんとイヤなやつ!」と評判の上司が使う5つのフレーズはこれ

Pocket

上司が使ってはいけない言葉

サラリーマンをやっていて年を重ねると、それなにり部下ができますね。

部下ができてマネージャー職になってくると、目標達成のために、
部隊を強くすることが大切になってきます。

そのためには、部下とよりよい関係を構築して、モチベーション高く仕事をしてもらう
必要がありますね。

自分も部下がいますが、言葉のチョイスを後から後悔することが結構あります。

そこで、上司として言わないほうがいいフレーズについて確認してみました。


言わないほうがいいフレーズ

落ち込む部下

1.「キミのために言うけど・・・」

これって、一見、部下の親身になっている雰囲気をかもしだしますが、
はっきりいって恩きせががましいです。

だって、目上の人が、下を思って話をするのは当然のこと。
それをあえて、伝えるのは、自分の意見を言葉巧みに押しつけうよという
意図が丸見えです。

 

2.「キミが・・・」を連発する

「キミはこうしたほうがいい・・・」とか、話の中で「キミ」や「おまえ」が
連発すると、どんな内容でも批判されている気がしますし、
完全に上下関係がはっきりして、一方的に問い詰められる感じがしてしまします。

これでは、建設的な対話は無理ですし、素直にこちらの話も受け入れてくれないでしょう。

ここは、なるべく自分の意見を取り入れ、こちらの考えを伝えながら会話することで、
同じ方向を向いている感じがして、結果的にこちらの意見を受け入れやすくなるはずです。

 

3.「とにかくすぐにやれ」

上下関係ははっきりしているわけですから、これはもうパワハラですね。
こちらの指示を押し付けています。

自分は上司かもしれませんが、同じ会社で勤める同僚でもあるわけです。
それに、同じ目標に向かって進んでいる仲間でもあります。

この意識を忘れないようにしましょう。

 

4.「やってくれたね~」

部下が何か失敗したときに、冗談っぽく言ってしまいがちじゃないでしょうか。

部下はこういう言い方をされると、へこんでしまいますよ。
もともと能力が無いと思われていると感じるはずです。

だからやっぱり「やってくれたね」というフレーズが出たと思ってしまうはずです。

部下がミスをしたならば、どこがいけないのかハッキリと冷静に指摘してあげる
ことが大切です。

 

5.「せめて~してくれる?」

部下が自分の考え方と違った行動によって、結果的にうまくいかなかったときに
使ってしまいがちなフレーズです。

これも、「やってくれたね」と同様に、部下の能力をもともと信じていないことが
強く伝わってしまいます。

軽くバカにしている感もあらわしてしまいます。
これでは、完全に萎縮してしまい、今後の部下の活動を妨げてしまいかねません。

 

まとめ

もし、上記のフレーズを普段からたくさん使っていたら、
あなたは部下から嫌われているかもしれません。

それに、あなたのチームも目標になかなか達成できない状況じゃないでしょうか。

部下に擦り寄ることが大切といっているわけではありません。
ただし、上司としての最終目標は、チームの目標達成のはずです。

何かのプロジェクト完成かもしれないし、売上げ目標の達成かもしれません。
それには、部下に成長してもらい能力を発揮してもらうことが必要です。

そのために、上記のようなモチベーションを下げるフレーズには注意しましょう。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*