「しゃべりすぎ営業」はこんなに損かもしれません

Pocket

営業マン 話しすぎ
以前の記事で、「売らないのに売れてしまう営業ののコツについて
ご紹介しました。

その時に、話を聞く」というポイントに触れましたが、
先日営業に出かけたときに、同行した営業が、すごくよくしゃべる営業マンでしたので、
より、その重要性に気がついてしまいました。

営業がしゃべりすぎると、こんなによくない事ばかりだと思うんですが・・・

「しゃべりすぎ営業」の弊害

営業の仕事は、「商品を買ってもらい、お金をいただくこと」ですね。

その最終目的までに、営業がしゃべりすぎることで、
いろいろな弊害が発生しかねません。

気分がよくない
94736738d4d75e15d0ecf129346eceec_s

営業がしゃべりすぎる状態というのは、おそらく、自分がしゃべることに重点をおいていて、
お客様の気持ちを考慮する余裕はない状態にあると思います。
つまり、自分のしゃべりに酔っている状態なんですね。

自分は気持ちがいいでしょうか、
聞いている相手は気持ちよくありません。

そんな商談では、お客様も早く切り上げたくなるのは言うまでもありません。

ニーズが聞けない
fc9eac9148edd8730269d28f52b24a7e_s

自分が販売しようとしている商品の優位性ばかりを説明していても、
なかなか売れないでしょう。
いわゆる「売り込み」されている状況です。

ともすれば、しゃべりすぎる営業は、口の回転が速いため、
上手に商品説明します。
たまたま、お客様のニーズとあっていれば、ラッキーですが、
そうじゃない場合は、お客様は苦痛なだけです。

話をさえぎってしまう
b90fc4ee526bbc1774ac7dd12a5ea3a4_s

これは最悪です。
やっとお客様が話してくれる状況になったとしても、
しゃべりすぎる営業は、お客様の話をさえぎって、
自分の話に持って言ってしまいます、

我慢できないわけです。

もう少し、だまってお客様の話を聞いていれば、
現状のニーズや、受注を勝ち取るヒントをくれる可能性があるのにです。

 

まとめ

先にも、営業の最終目的は、
「商品を買ってもらい、お金をいただくこと」と書きました。

「商品を売って」ではなく、「買ってもらう」ことが重要なんです。

「買ってらう」には、お客様自ら、ニーズを確認して、
もう買うしかない状態にもっていくことが必要なんです。

以上、
自分への戒めもこめて、記事にしてみました。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*