あなたに必要な「ストレスに負けない思考法」はこの5つ

Pocket

24336913581_cd79f560f0
photo credit: Maps to the stars via photopin (license)

仕事がツライとかしんどいなと思うことは誰にでもありますよね。
せっかくの休日も来週の仕事の心配でなんとなく憂鬱に過ごしたりして・・・

そういった仕事のストレス耐久性は人それぞれだと思いますが、思考法によってだいぶ変わってくるといつも思っています。

実は自分もこれから始める新しい仕事への不安がある状況なんですが、
これからご紹介する思考法で乗り越えるつもりです。

ということで、自分が大切と思う「ストレスに負けない思考法」をご紹介しようと思います。


スポンサーリンク

仕事をしているといろんな辛いことって多いですよね。
思うように成果が出てないことへの不安や、人間関係のストレスなど、人それぞれかと思います。

でも以外とよーく考えてみるとあんまり大したことじゃなかったりして、要するに自分の考え方の問題だったりもします。

ということで、なるべく無駄なストレスを溜め込まないための思考法を常に意識するようにしましょう。

ストレスに負けない5つの思考法

21659688183_ba62bfb775
photo credit: Pensive via photopin (license)

シンプルに考える

人は誰でも物事に対して、それによって自分がどうなるかを想像してしまうものなんです。
例えば、自分は自転車通勤をしていますが、もともと、ダイエットのためにスタートしました。
電車で移動していたところを、自転車に変えれば消費カロリーは増えるわけですから、痩せる可能性は高くなるんです。
ならば、いち早く自転車通勤すればいいだけなんですが、そこで自分に降りかかってくる色々な問題を考えてしまうんですね。
冬場なら寒くて辛くないか?
疲れて仕事に影響がでないか?
そう考えてしまうと、なかなか自転車通勤をスタートできないと思います。
痩せたいなら、行動する(自転車通勤する)だけでいいんですが。
物事にあたるとき、その行動によって自分がどうなるかを考えることは重要かもしれませんが、
考えすぎはストレスや行動力低下につながるため、良くないと思います。
なるべく、自分へのメリットやデメリットは考えすぎないよう、シンプルに思考するようにしましょう。

明確にする

不安はストレスを貯めることになりがちですから、早めに解消するべきです。
なぜ不安になるか考えたことありますか?
それは、問題が明確になっていないからです。
問題と思っている”キモ”がモヤモヤっとして見えていない状態なんです。
だから、どんなことが待ち受けているかわからないため「不安」になるわけです。
ですから、その”キモ”がなんなのかを頭の中で明確にしてみましょう。
明確にできたら”不安”はなくなり、問題への対応だけで済むわけです。
あとは、先ほどの「シンプルに考える」だけです。

所詮は仕事のこと

仕事と書きましたが、学校も同じです。
所詮は、仕事や学校での出来事なんです。
人生は仕事は学校だけではありませんよね?
自宅に変えれば家族もいるし、恋人と過ごす時間もあるでしょう。
仕事や学校が自分の人生の全てではないんです。
実はプライベートで起こる問題のほうが大変でツライはずです。
極端な話、嫌なら辞めちゃえばいいわけですから、ストレスと思う必要はないんです。

ずっと続くこと?

その辛いと感じる問題って、どれだけ長く続くことなんでしょうか?
中には仕事をしている以上、ずっと続くことかもしれませんが、そんなときは場合は思考法だけでは解決できないかもしれません。
ですが、仕事上でのストレスは順番に訪れる問題を解決していけばクリアできる場合が多いので、長くは続かない場合が多いと思います。
そんな場合は、なるべく考えすぎす、むしろ解決したあとのことを想像するようにしましょう。
時間が解決してくれますよ。

感謝する

仕事でストレスを感じる状況は、確かにツライかもしれませんが、よく考えればありがたい話かもしれません。
病気などいろんな理由で働きたくても働けない方々ってたくさんいらっしゃるんです。
彼らは、社会に取り残されている辛さや、実際の収入を得られない問題を抱えています。
それに比べれば、仕事しているだけでありがたくないですか。
普段から“働かせていただけるありがたさ”をよく考えて感謝する気持ちを持つことが重要だと思います。

まとめ

まあ、そんなエラそうにお話することではないかもしれませんが、自分としてはこれらの5つの思考法はとても重要と思っています。
誰もがストレスを抱えやすい現代社会ですから、自分がなるべく明るく生きていける思考法をそれぞれが見出すことが大切です。
これら思考法が皆さんのストレスを少しでも和らげる手助けになれば幸いです。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*