中年がキャリアアップのために転職活動をした活動報告 その1

Pocket

転職したい男性

実は転職活動をしてるんです。(2015年6月現在)

理由はいろいろとあり、すでに中年ですが転職できるでしょうか。

別にリストラされたわけでもなく、居場所がないわけでもなく、ある程度責任を持った仕事をしていると思っていますが、よりキャリアアップを目指すためです。

これまでの経緯を、ブログで書ける範囲でご紹介します。 自己紹介みたいになりますが、 現在はIT関連の企業に勤めていまして、営業職をしています。

いちおうある事業のマネージャーをしておりまして、手前みそですが社内である程度認められ、がんばっている人の部類に入るんじゃないでしょうか。

なのに、どうして転職しようかと考えたかと言うと、会社の事業投資失敗による業績悪化のため、今後が非常に不安になったからです。

先にも書きましたが、別に、リストラされたわけでもなく、居場所がないわけではなく、ある程度責任を持たされた立場であることは認識していますが、どちらかというと他の企業の自分への評価がどんなものなのか知りたいことと、自分自身のキャリアアップのために転職活動をしています。(こっそりと)

ということで、よほど評価が高くないと転職へ決断はできないかもしれませんが、がんばっていきたいと思っています。

転職エージェント会社へ登録

まずはどうやって仕事を探す?となりますが、やっぱりこの時代はなんでもネットです。

ということで、複数の転職エージェント会社へネットで登録しましたが、実際に紹介があったり面談したのは、リクルートエージェントさんとエン・ジャパンさんです。
この2社は、大手だけあって、やっぱりしっかりしているなという印象です。
非公開求人が豊富なリクルートへ相談してみる

2社の比較については、別の機会にご紹介したいと考えています。

1社良い条件の企業(上場企業)が見つかったので、ネットから申し込み、その流れで登録という感じになりました。

書類通過

転職活動するには、職務経歴書というものが必要ということで、丸一日近くかけてWORDで作成しました。

ネットにあったサンプルを元に新卒~現在まで書いたんですが、実績や成果など書きたいことがてんこ盛りです。

なんとか取捨選択の上、強くアピールできるものを抜粋し完成しました。

その職務経歴書とエクセルで作成した履歴書(これは簡単でした)をエージェント会社へWEBサイトから送り、担当エージェントさんが、その企業へ候補者として推薦してくれるという流れです。

提出から1週間ほどたったころ、担当エージェントさんから見事書類通過したとの連絡がありました。

この年齢でも入社を検討してくれる企業があるんだ、ありがたいなと感じたことを覚えています。

 

一次面接へ

1週間後に面接をしていただけることになりました。

なんといっても何十年ぶりかの面接ですので、何をどう準備したらよいかわからないのですが、エージェントさんが面接に対する準備について、たくさんを情報をいただけました。

自己紹介、転職希望理由、長所短所など、よく聞かれることを教えていただいたので、自分としてはしっかりと準備ができたと思っています。

パソコンで、想定できる質問に対する回答をまとめ、面接前日は何回も練習をしました

ということで、いざ面接。

面接官は、支店の所長(部長クラス?)さんと課長さんとのことで、現場では一番偉い方々に行っていただきましたが、所長さんは明らかに自分よりお若いかたでした。逆に課長さんは自分よりも年上とのことでした。

面接自体は、がんばった準備のかいもあり、想定以外の質問は一つもなく、うまく明るく回答でき、2次面接へとのお話をいただきました。

 

2次面接へ

二次面接は本社の事業部長さんとのことでした。

これが最終面接となるため、エージェントさんからも激励をいただきました。

いよいよ2次面接へ。

事業部長さんと人事部長さんの2名で面接をしたいただきました。

1次で質問されたことと重複することもかなり聞かれましたが、今回も滞りなく回答ができ問題なく終わろうとしていました。

最後に質問がないかとのことでしたので、「貴社の今後のビジョンを聞かせて欲しい」との質問をしたところ、自分が想定していたことと全く違う内容の回答をされたんです。

自分が勝手にこの企業に対して感じていただことですので、この企業様は全く悪いところは無いのですが、あまりに自分の勝手な思い込みと違ったため、その場で一気にトーンダウンしてしまいました。

面接官の方々もそこははっきりと組み取れたようで、そこからはホントに入社する気から聞かれました。

自分もその時点では入る気が無くなってしまっていましたが、なんとなくうわべだけで入社することを伝えました。

そんなこんなで、なんとなく尻すぼみのような感じで2次面接が終了してしまいました。

 

結果

結果は、エージェントから回答があり不採用でした。

理由としてははっきりと教えてもらえなかったんですが、今までやってきたスキルが違うためとの理由のようでした。

正直なところ、結果は2次面接終了時にうっすら分かっていましたので、残念な気持ちは一切ありませんでしたし、自分としても方向性の違う会社に勤めても、苦労は目に見えているので、かえって良かったと思っています。

まとめ(面接の心得)

面接で大切なことは、「とにかく自分はこの会社に入って、こうがんばって活躍して、幸せになりたいので、絶対入社させてください!という強い意志を見せないことには採用してもらえない(企業としても採用できない)ということが分かりましたので、今後に活かしていきたいと思っています。

現在、転職を考えている方の参考になれば幸いです。

★今後も転職活動は水面下でやっていきますので、随時ご紹介していきますね。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*