しびれる美味しさ!本格「陳麻婆豆腐」のレシピとポイント

Pocket

0ee9e8329e094f7996a6940b7ec1bd3a_s

自分は料理が趣味ですので、週末はいろんなものを作ります。

中でも得意分野は、中華料理なんです。

今回は、本格「陳麻婆豆腐」のレシピをご紹介します。

マーボー豆腐って、お店によって味が全然違う料理と思いませんか。

しょう油と鶏ガラ出汁の味がする旨みを重視するタイプや、
花椒(ホアジャオ)の香りがたまらない、本格的なタイプまで、
お店によって様々です。

でも、本格的な四川式の麻婆豆腐を食べることができるお店って、
あまり無いですよね。
「四川飯店」みたいな、ちょっと高価なお店に行かないと
食べれなかったりします。

ですから、材料さえ揃えれば、
家庭でも「本格・四川麻婆豆腐」を作る方法と、
美味しく作るポイントをご紹介します。

もともとは、マーボー豆腐の生みの親である、陳建民さんの息子の、
料理の鉄人「陳建一」さんの、レシピをまねたものです。

ということで、「陳麻婆豆腐」が家庭でできちゃいますよ。

「陳麻婆豆腐」のレシピ

材料

豆腐・・・1丁
豚ひき肉・・・150g
ねぎ・・・少量(みじん切り)
豆板醤・・・大さじ1杯
豆鼓醤・・・大さじ1/2杯
花椒・・・20粒(すっておく)
塩・・・一つまみ
こしょう・・・小さじ1杯
しょう油・・・大さじ1杯
紹興酒・・・大さじ1杯
中華スープ・・・200cc
水溶き片栗粉・・・適量
にんにく・・・1片(すりおろし)
しょうが・・・1片(すりおろし)
ラー油・・・適量
ごま油・・・適量

作り方

1.豆腐をゆでる
好みの大きさにカットした豆腐をゆでましょう。
写真 (15)

2.フライパンに、サラダ油を熱し、ひき肉、にんにく、しょうがを入れて炒める。
写真 (1)

3.ひき肉にある程度火が通ったら、豆板醤と豆鼓醤を入れて更に炒める。
★焦がさないように、じゅわっと油が浮いてくるまで、2分くらいは炒めましょう。
写真 (5)

4.中華スープを入れ、その後、1の豆腐を入れる。
写真 (16)

5.塩、こしょう、しょう油、紹興酒、しょう油を入れる。

6.ねぎを入れ、その後、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。
写真 (17)

7.花椒を半量入れて、混ぜ合わせる。(豆腐を崩さないよう注意)

8.仕上げに、ラー油とごま油、残りの花椒を振りかけて完成です。
写真 (18)

ポイント

ポイント1

麻婆ソースを多くしすぎないことです。
麻婆ソースが多くなりすぎると、味がだらっとなり上手くないです。

街の中華屋さんでは、中華出汁の効いた、
麻婆ソースが多い感じだと思います。

あくまでも、「陳麻婆豆腐」ですので、
辛くて味をシャキッとさせるためには、
写真のような分量にすることが大切です。

ポイント2

水溶き片栗粉の量が大切です。
入れすぎて、固くなりすぎてしまった麻婆ソースは美味しくないですし、
その逆の少なすぎもダメです。

イメージとして、水溶き片栗粉でほどよくとろみがつき、
味がしっかりとした麻婆ソースの周りをラー油やごま油が
包んでいる感じに仕上げましょう。
油も旨みなんです。
(分かりづらかったらごめんなさい)

ポイント3

花椒を入れれば入れるほど、本格的な味になります。
写真 (4)

ケチらず、たくさん入れましょう。

まとめ

正直言って、材料の分量は凡その数字です。
一度、このれしぴ通り作ってみて、
お好みで加減してもらえればと思います。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*