「吉野家の牛丼」の再現レシピは本当か試してみた

Pocket

吉野家 再現レシピ出典:稲垣飛鳥さんホームページ

「再現レシピ」で大活躍の稲垣飛鳥さんの「王将の餃子」レシピを、
以前の記事で、レシピ通り作ったら本当に「王将の餃子」の味になるのか試してみました。

その時は、すごくそっくりな味になりましたので、
びっくりしてしまいました。

いっぺんにファンになってしまったので、
今回は「吉野家」の牛丼の「再現レシピ」が本当かどうか試してみます。

果たして、「王将の餃子」の「再現レシピ」のように、
近い味になるんでしょうか???

稲垣飛鳥さんの「再現レシピ」

「吉野家」の牛丼編
index_logo001出典:吉野家ホームページ

自分は「吉野家」にはうるさいほうです。
学生時代は、ほぼ主食のように食べていたものです。

一般的に家庭で作る牛丼は、すき焼きに近い味になると思います。
でも、「吉野家」は明らかに、それとは違う味ですよね。

「王将の餃子」レシピを見たときに思ったのが、
材料に全く想像しなかったものが入っていることに驚きました。

食べてみると、なるほど、あの材料がこんな効果を出しているんだと気が付きました。

今回は、そんな驚きの材料を加えるんでしょうか。

材料

牛肉(こだわるならアメリカ産)150g

玉ねぎ2分の1個

お水200cc

濃い口醤油大さじ1

薄口醤油大さじ1

白ワイン大さじ2

ハチミツ大さじ1と2分の1

和風顆粒だし小さじ1

しょうが絞り汁少々

めんつゆ少々

うーん、
そんなに意外性のある材料はないですね。

でも、ハチミツが無いので買ってこなくては。

ということで、買ってきました。
写真 (10)

ワインも買ってきました。
あくまでも料理用ですので、安い白ワインです。

牛肉はレシピ通りにアメリカ産のバラ肉です。
5写真 (5)
安くていいですね。

玉ねぎは、こんな感じで切っておきましょう。
写真 (6)
「吉野家」を思い出してくださいね。

しょうが絞り汁は適量ですので、
これくらいすっておいて、絞ればいいかな。
写真 (8)

牛肉と玉ねぎの分量は、「再現レシピ」どおりにしました。
写真 (7)
ちょっと玉ねぎが多いかな?

作り方

1.鍋に水を入れ、沸騰したら玉ねぎを入れて5分煮る。
写真 (9)

2.めんつゆとしょうが汁以外を鍋に入れ、沸騰したら牛肉を加え5分煮る。
写真 (11)

3.めんつゆとしょうが汁を入れて5分煮て、できあがり。

めっちゃ簡単ですね。
写真 (13)
すぐできてしまいました。

見た目はだいぶ近いです。
これで、「吉野家」の牛丼になったんでしょうか?

「吉野家」の牛丼になったのか?
写真 (14)

結論からお伝えしましょう。
ズバリ・・・

・・・

・・・

・・・

そっくりな味でした!!!

なんと表現していいか分からないんですが、
風味や味が、まさに「吉野家」の牛丼なんです。

稲垣飛鳥さん、すごいです。

今回、自分はご飯の炊き方を失敗してしまいました。
味は、レシピ通りで完璧だと思いますので、
ご飯は、かなり固めに炊くようにしましょう。

簡単で、すぐに作れてしまいますので、
皆さん、是非作ってみましょう。

 

まとめ

自分は料理が趣味ですので、
お店で食べた味を再現しようといつも思うんですが、
なかなか難しいんです。

稲垣飛鳥は、かなりの研究をされて「再現レシピ」を作ってらっしゃるんだろうなと、
改めて感じました。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*