2018年 5月 の投稿一覧

一宮市の弥助寿司でランチをいただいた

Pocket

あー、どうしても寿司が食べたい!
って時ありませんか?
ありますよね。
日本人ですから。

普段は近所の回転寿司へ行くんですが、たまには回らないお寿司も食べたい。
でも、高いよね・・・
そんな時は、ランチならお値打ちに食べられますよね。

今回は愛知県一宮市の回らないお寿司屋さんへ行ってまいりました。

続きを読む

Pocket

ベトコンラーメン新京とポタリング

Pocket

GWにポタリング&ベトコンラーメン新京へいってまいりました。

数日前から風邪をひいてしまっていたので、軽い運動とベトコンラーメンのニンニクパワーで風邪を治してしまおうという作戦です。

まさに初夏を思わせる快晴だったGWの前半でしたが、風邪もあってポタリングはそこそこにして、開店と同時にベトコンラーメン新京の西春店へいってまいりました。

続きを読む

Pocket

5月病? 憂鬱な気分を明るくするための3つ考え方

Pocket


photo credit: Wouter de Bruijn The early birds via photopin (license)

ゴールデンウィークも今日で終わりですね。

新入社員の方だけじゃなく、社会人になってすっかりオジサンになってしまった自分でさえ、GWが終わるのは辛いものです。

明日からの出勤を考えると、ちょっと憂鬱な気分ですよね。

まあ、この時期は5月病という言葉があるように、誰しもちょっと鬱な気分になりがちなものです。

そんな時は、心を強く持って、明るい気持ちでがんばっていくように心掛けていきましょう。

今回はそんなちょっと鬱な気分のこの時期に、心を強く持つにはどうしたら良いかということを考えてみましょう。

心は強くできない?

いきなりですが、心は強くできないんです。

さっき、心を強く持って・・・みたいなことを言っていたのにどういうこと?と思われることでしょう。

伝わりやすく便宜的に「心を強く」と書きましたが、それはできないようです。

これは、認知科学者の苫米地英人 先生がおっしゃっていることなんですが、心というものは、脳の情報処理のことであって、あくまでも現象とのことなんです。
したがって、現象をテクニックや技術で強くはできないんですね。

「強い心で」とか「気持ちを強く持って」などは、意味のないことなのかもしれません。

考え方次第で憂鬱じゃなくなる

明日から仕事嫌だなみたいな時、もっと心が強かったらというのが意味がないのならどうすればいいのか?

現実的に明日の仕事や学校がイヤで憂鬱なんですから。

心を強くできないのならば、思考で憂鬱な気持ちを変えていくしかありませんよね。

要するに「考え方次第」っていうものです。

憂鬱な気分を切り替える3つの考え方

憂鬱な気分のとき、具体的にどんな考え方で気分を変えて明るい気持ちにできるのかというのは、人それぞれな部分があります。

そのため今回は、個人的な意見ですが、どうせ明日から仕事しなくちゃいけないんだから、なるべく明るい気持ちでいられるような「考え方の基本3つ」をお伝えしたいと思います。

1.これからの事だけを考える

憂鬱な気分というのは、今までの嫌な体験に自分の考え方のスポットがあたっているからじゃないでしょうか。

だから過去のことは思い出さなければいいんです。

まあ、過去の成功体験は思い出してもいいんですが、嫌な体験や失敗経験は思い出さなくていいんです。
ただし、失敗の教訓は大切ですけどね。

過去は絶対に帰ってきませんし戻ることも不可能です。
そんなことに執着しても全く意味がないですよね。

どうせ考えるならば、「明日からどう良くしていくのか」を想像するように心掛けましょう。

過去を考えているなと気が付いたら、意識的にこれから起こしていきたい良いことを考えるように努力することが大切です。

2.今に執着しない

過去は考えても意味がないと書きましたが、今は?っていうことです。

「今この瞬間を生きる」って言葉がありますよね。

これはとても大切だと思っています。

過去は戻ってこないし、未来もこれからやってくるんだから考えて仕方ない。だから今を大切にして一生懸命にがんばるということだと思います。

今を一生懸命にがんばることは言うまでもなく大切ですが、それはゴールではないということ。

文章が拙くて伝わりずらいかもしれませんが、現状があなたの結果でありゴールではないということ。

もし今が自分にとって不本意な状況であったとしても、それはあくまでも今だけと考えるべきです。

去年の今、自分が悩んでいたことを思い出すのって難しくないですか?

未来はどんどん想像もできないことがやってきます。

だから、たとえ今は辛くても数日後、数年後、もしかしたら明日にも辛いことが解決するかもしれません。

今が辛いって落ち込むことは意味がありません。
だってあなたの人生は今がゴールじゃないんですから。

これから良くすることだけを考えるようにしましょう。

3.ご褒美をもらう

これは自分へのご褒美ってやつですね。

「今週がんばったら、週末は〇〇を買おう!」みたいなやつですね。

これって意外に効果があって、すごく前向きにがんばれる気持ちになれるんです。

単純で基本的なことですが、自分の気持ちを前向きにするには非常に簡単な方法ですので、日常的に心掛けるといいと思っています。

まとめ

憂鬱な気分を明るくする効果的な方法は、人それぞれあるはずです。

でも、普段からその方法(思考法)を習慣づけしていないと、気が付いたら憂鬱な気分に支配されてしまっていたりするものです。

自分が心掛けている思考法を是非とも参考にしていただき、いつも前向きな気持ちでいられるよう自分の心をコントロールしていくようにしましょうね。

Pocket