サビキ釣りのコツと初心者がそろえるべき仕掛けや道具

Pocket

これから釣りを始めようとしている方や、お子さんに釣りをやらせてあげたいけど、何からやったらいいかな、と考えている釣りビギナーの方は、

サビキ釣り

をおすすめします!

簡単だし満足感が得られます。

お子さんも大満足で釣りが好きになってくれること間違いなしです。

今回は誰でも簡単に楽しめる「サビキ釣り」の始め方やコツをご紹介します。


サビキ釣りは簡単にアジが釣れる

まず、サビキ釣りといえば何を釣るのかというと、

アジです。

サビキ釣りで狙うものはアジがメインで、サバやイワシなんかも釣れます。

食べて美味しいのは好みもありますが、やっぱりアジがいいですよね。

簡単に美味しいアジがたくさん釣れてしまうのがサビキ釣りなんです。

釣る場所は当然ながら海ですが、海ならどこでも良いというわけではありません。

サビキ釣りの基本は堤防です。

新聞や雑誌、ネットなどで、アジが釣れる堤防を調べてみましょう。

きっと最寄りの海の堤防でも釣れる場所があるはずですよ。

 

サビキ釣りの仕掛け

竿は1.8mから3mぐらいまでで十分

リールは小型から中型を選びましょう。(安いので大丈夫)

概要図

リールに巻いてある道糸にサビキ針仕掛けを結んで、オモリ付きカゴを取り付けるだけです。

糸とサルカンの結び方はこちらのサイトを参照してください。

ユニノット

初めてだと戸惑う事もあるかもしれませんが非常に簡単ですから安心してください。

 

サビキ釣りに必要な道具

サビキ釣りに必要な道具や仕掛けはシンプルです。

  • 竿
  • リール
  • サビキ針セット
  • オモリ付きカゴ
  • エサ
  • バケツ
  • クーラー

基本的にこれだけあればサビキ釣りができます。

竿はリールとセットの安価なもの

まず竿ですが、はっきり言って安い物でOK

そしてリールも安物で全く問題無し。

ということで、竿とリールのセットの商品を購入してしまいましょう。

例えばこんな商品。

コンパクトフィッシングロッド 「ファミルドA」 & スピニングリール「puchi200」(3号糸付き)

竿の長さは長いほど良い部分はありますが、サビキ釣りは足元に仕掛けを落としても釣れます。

大人は3mぐらいまでの長めの竿で、お子さんは1.8mくらで十分だと思います。

 

サビキ針セットはハリの大きさに注意

続いてサビキ針セットです。

これは、ハリスセットを買いましょう。

ささめ針 Sー109ちょい太豆アジピンクホワイトベイト0.8【ゆうパケット】

ポイントはハリの大きさです。

0.5号〜5号くらいまで選べると思いますが、おすすめは0.8号か1号です

この小さなハリならば豆アジも釣れます。

したがって、初めて釣りをするお子さんも大量に釣れるかもしれませんよ。

2号以上の大きなハリを買ってしまうと、アジがいるのが見えるのにボウズってこともありえますよ。

 

オモリ付きのカゴを忘れないこと

サビキ針セットにエサを入れるカゴが必要です。

このカゴの底がオモリになっていて、海の中へエサとともに沈んでいくんですね。

オモリ付きカゴは、サビキ仕掛けとともに根がかりして無くなってしまうことがあります。

セットで複数買っておきましょう。

プラサビキカゴ M (3Pヘッター)

 

エサはパック入りが使いやすいし保存可能

釣りが上達してくると、サビキ釣りのエサも冷凍のアミエビを買ってきて、海水で溶かして・・・
と手間をかけるんですが、初心者がそこまでやる必要はありません。

サビキ釣り用のエサがパックに入って売ってます。

ボクはいつもコレつかってます。

アミ姫

出し口を閉じておけますから、使わなくなったら冷凍庫で保存しておくこともできます。

臭いもエビ臭くないですから、子供や女性も使いやすいです。

 

バケツは小型でもOK

釣ったアジを活かしておくためのバケツですね。

サビキで釣るアジは小型ですから、小さめのバケツでも大丈夫です。

しかし、小さいバケツにたくさんのアジを入れておくと、酸欠で死にやすくなってしまいますので注意が必要。(いずれ死ぬんですが、弱って死ぬと美味しくないんです)

ボクは「泳がせ釣り」用以外には、バケツに泳がせておかずに、釣れたらすぐにクーラーボックスに入れて氷締めにしてしまいます。(氷締めについてはこちらを確認してください)

でも必ずバケツは必要ですから、下記のバケツをおすすめします。

安いのに網状のチャック付カバーもついていてオススメです。

クーラーボックスは小型で十分

これからアジ以外を釣っていくぞ!っていう方には大きめのクーラーボックスをおすすめしますが、

まずはサビキで釣るアジ用にクーラーボックスを購入するっていう方は、まだまだ小型で十分です。

最初からあまり大きいクーラーボックスを買ってしまうと、持ち運びが大変で釣りがイヤになってしまうかもしれません。

小型と言ってもあまり小さすぎてもダメなので、容量12Lの下のぐらいを購入しておきましょう。

サビキ釣りのコツ

サビキ釣りのコツはズバリ・・・

 

アジがいる場所、いる時に釣りすること

 

これしかありません。

特に必要なテクニックはありません。

基本的な釣り方は、ただ、カゴにアミエビをたっぷり入れて、堤防から足元に落として、上下に仕掛けを動かすだけです。

これでアジがいれば釣れます

たくさんアジがいて食いがいいと、一度に何匹も釣れたりします。

一方、アジがいない海にいくら仕掛けを落としても全く釣れません。

アジは回遊魚ですから、釣っているポイントにアジが回ってきているかどうか。

コツはこれだけです。

ネットや釣り情報が載っている新聞などで事前に情報をつかんでおきましょう。

一つ注意点です。

サビキ針仕掛けの時もお伝えしましたが、針が釣ろうとしているアジに対し、大きすぎると釣れません。

0.8号くらいの針ならば、豆アジも釣れるので必ず持参していきましょうね。

 

まとめ

是非、参考にしていただけると幸いです。

全部買うと、まあまあな金額になってしまうかもしれませんが、竿・リール・バケツ・クーラーボックスは安くても長く使えるはずです。

まずは最低限を揃えて堤防へ気軽にサビキ釣りにでかけましょう!

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*