海釣り初心者だった自分が”釣りバカ”になってしまった

Pocket

photo credit: s_gulfidan Galata/Eminönü via photopin (license)

突然ですが、2年ぐらい前から釣りを始めたんです。

ブラックバスとかじゃなくって、海釣りです。

子供のころから近くの川でフナや鯉を釣るのが大好きだったんですが、
中学・高校と成長するにつれ、釣りは全くやらなくなっていました。

では、なぜ40過ぎてから突然、釣りを始めたかというと、
それは・・・

 

 

うまい刺身を食べてみたい!

という理由からでした。

美味い刺身なら、魚が評判の居酒屋や日本料理屋さんに行けば食べられることでしょう・・・

しかーし、一介のサラリーマンである自分ではそうそう評判のいいお店になんか行けません。

ならば、

自分で釣って食べればいいじゃん!

そう、単純な性格なんです。。。

ということで、ブラックバスのような釣ることの楽しみや、駆け引きを楽しむのではなく、
食べられる魚ってことで、海釣りを始めました。

約2年経過した現在では、顔や腕は日焼けで真っ黒となり、まるで漁師太めのサーファーみたいになっております。

まさに毎日釣りのことばかり考えている”釣りバカ”状態です。

そんな仕事も手につかず、まずい状況となっている自分がお伝えする一発目の釣り記事は、自分が良く釣りに行く地域のお話からです。

敦賀市で海釣りを楽しむ

自分は愛知県の尾張地方に住んでいます。
名古屋市の少し北の街です。

愛知県の知多半島にも釣りに時々出かけますが、どちらかというと福井県へ行くことのほうが多いんです。

福井県敦賀市です。

赤丸あたりの堤防に出没してます。

自分の住む街から、高速道路を使えば1時間10分くらいかな。
下道でも早朝や夜中ならば、2時間程度で到着してしまいます。

知多半島が好きな方には申し訳ありませんが、敦賀の海のほうがキレイだし魚影も濃いと思っていますので、
自分は日本海まで遠征しています。

今年も、春先から敦賀へ訪れていますが、8月後半には高級魚のキジハタも堤防から釣れましたよ。

キジハタ

あとは、豆アジが数十匹釣れました。
アジはこれからもっと大きくなっていくと思います。

まとめ

これから海釣りについても記事にしていこうと思っています。

それから釣りにいった際に楽しみなグルメについても書いていきますね。

自分もまだまだへたくそ釣り師ですが、これから海釣りを始めようかなと思っている方には、
少しでもお役に立てる記事を書いていこうと考えています。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*