【名古屋グルメ】名古屋を訪れたら絶対行くべき味噌煮込みうどんを食べてきました

Pocket

山本屋本店の味噌煮込みうどん

名古屋グルメの定番といえば、「みそかつ」「味噌煮込み」など味噌を使ったグルメですよね。

今回は、味噌煮込みの老舗「山本屋本店」へ行ってきましたので、レビューしてみます。


スポンサーリンク

2つの山本屋

全国的にメジャーになってきた味噌煮込みうどんですが、その代表的なお店といえば、「山本屋」ですね。

しかし、山本屋さんって2つ?2企業?あるって、ご存知でしたか?

「山本屋本店」と「山本屋総本家」です。

地元の方でも区別ってついていないんじゃないでしょうか。(暖簾にははっきり書かれてるんですが)

 

どっちが元祖?

どちらが元祖か知りたくて調べてみました。

「山本屋本店」

WS000006

創業が明治40年と記されていますね。

かたや、「山本屋総本家」は

WS000007

大正14年となっています。

ということは、「山本屋本店」のほうが、元祖なんでしょうか。

 

どっちが元祖かの議論はナンセンス

古いのは会社ホームページからの情報でも「山本屋本店」ということが分かりました。

でも、「山本屋総本家」さんのホームページを見てみると、

大正14年名古屋大須にて、初代店主である島本万吉と妻きぬによって 「山本屋」という屋号を買い取り開業したのが、今の「山本屋」のはじまりです。

引用:山本屋総本家ホームページ

大須(名古屋の代表的な巨大な商店街)の「山本屋」から屋号を買い取ったと主張されています。

ということで、「山本屋」としてはどっちが創業かはっきりしないですね。

おそらく、どっちが創業という議論は意味がなく、明治・大正のずいぶん昔から2つの山本屋が独自のスタイルで経営してきたということじゃないでしょうか。

 

「山本屋本店」さんへ行ってきました

yamamoto玄関

関連ランキング:うどん | 名古屋駅亀島駅名鉄名古屋駅

名古屋市西区にあるルーセントタワーB1にあるお店です。

yamamotoメニュー1うどんメニュー

yamamotoメニュー2どんぶりメニュー!?

あれ?どんぶりがある。

あと、味噌煮込みってこんなに安かったっけ?

というのが、外にあったメニュー表を見た感想でした。

以前、味噌煮込みを食べたときは1500円くらいはしたような気が。。。

ビジネスマンがたくさんいるビルに入っているお店なので、特別なメニューと価格帯なのかもしれませんね。

ということで自分は一番シンプルな味噌煮込みうどん(700円)を食べました。

yamamoto futa

こんな風に蓋されてでてきます。土鍋がとっても味がありますね。

yamamotoうどん

 

卵が乗っていて、うどんが太くって、これぞ山本屋っているビジュアルです。

食べた感想ですが、「味が濃い」っていう第一印象でした。

以前食べたときは、もっと出汁が効いていた気がするですが、味噌の味がとても濃かったです。

これもお店によって微妙に違うんでしょうが。

あと、漬物がついてこなかったでしょうか。

また、蓋を皿代わりにして食べるのが山本屋さんの流儀だったはずですが、誰もやっていなかったです。

いろいろと驚きはありましたが、でもやっぱり美味しいですし、名古屋でしか食べられない味ですね。

アナタのおすすめメニューを投稿しよう!口コミ・ メニューランキング
 

まとめ

名古屋独特の味なので、名古屋以外で味噌煮込みうどんを食べると、山本屋さんとは全然違うって感じます。

本当の味を味わうために、お店に行くか通販を利用しましょう。

山本屋総本家

 

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*