ベトコンラーメン「新京 名古屋伏見店」は間違いない名店です!

Pocket

写真 (76)

まだまだ全国的には知られていない名古屋グルメのひとつ、「ベトコンラーメン」を心から愛する自分ですが、このブログで何度も、「ベトコンラーメン」とは何ぞやってことを書いてまいりました。

愛知以外にもちょっとは普及してきたかな?
まだまだでしょうね、自分のブログのPV程度では・・・

さて、今回は名古屋の都心にあるお店にいってきましたよ。

ここはもちろん「新京」さんですが、自分が幼いころに大好きだったお店のご親族が経営されてるお店(のはず)なんです。(違ってたらごめんなさい)

スポンサーリンク

「新京」名古屋伏見店に行ってきた

場所は名古屋市中区です。
最寄駅は地下鉄の伏見駅ですね。
名古屋の中心部ですが、どちらかというとビジネス街にあります。

こちらのお店は、「新京」平田店(現在は、「ひらたのベトコン」)のオーナーさんのご親族が経営されておられるようです。(おそらく)

「新京」平田店は自分の懐かしの味なんです。
幼いころに初めてベトコンラーメンを食べたのは、本店の「新京」一宮本店さんだったんですが、平田店がオープンされてからは、ずっとそちらに通ってました。
高校時代は毎週日曜日の夜は親と訪れてたんで、月曜の学校の朝礼ではみんなにニンニク臭いって怒られたもんです。

でも、いつのまにかお店が「新京」ではなく「ひらたのベトコンラーメン」に変わってしまったんですよね。

しかし、「新京」小牧店を訪れたときに、カウンター内にいた女将さんと、厨房から聞こえてくるお父さんの声で、すぐに平田店のオーナーさんだってわかったんですよね。
思い切っていろいろお聞きしたところ、ご親族が経営されているとのこと。
ということで、間違いない「新京」の味をしっかりと引き継がれておられるはずなんです。

前置きが長くなりましたが、
「新京」名古屋伏見店へいってまいりました。

「新京」名古屋伏見店

写真 (72)

地下にお店があるんで、ちょっとわかりづらいですね。

いつも「新京」は夜にいってビールとゲソカラ(あるいはトリカラ)を食べてから、「国士無双」を食べるパターンなんですが、今日はランチでしたので、「ベトコンラーメン」だけをオーダーしました。

ベトコンラーメン
写真 (75)

間違いないビジュアルですね。
これぞ、新京のベトコンラーメンです。

インスパイア系のお店と決定的に違うのは、実はモヤシの炒め方じゃないかと思ってます。
「新京」のモヤシはシャキシャキに炒められてるんです。
しかし、インスパイア系のお店は、炒めすぎでモヤシがくたっとしてるんですよね。
これで「ベトコンラーメン」としての味は大きく変わってくると思います。

ものすごく上手にモヤシとニラが炒められてましたよ。
写真 (74)

さすがです!

味は、「新京」王道の味ですから間違いないです。
個人的には、名古屋伏見店さんはスープの酸味が強いほうかなと思ってます。

麺は固めに茹でられていて、確実に美味いベトコンラーメンとなってましたよ。

まとめ

くどいですが、名古屋に来て「ベトコンラーメン」を食べたかったら、絶対に「新京」へ行ってくださいね。

関連ランキング:ラーメン | 伏見駅大須観音駅丸の内駅

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*