ベトコンラーメン発祥のお店 新京本店

Pocket

IMG_0539

みなさんこんにちは、
ベトコンラーメン評論家(自称です)のmaboです。

名古屋メシもだいぶ全国的に有名になってきましたが、中でもベトコンラーメンはまだまだ認知度が低いですね。

まあ、万人受けする食べ物じゃないとは思いますけどね。

さて、今回はベトコンラーメン発祥のお店である、『ベトコンラーメン新京 本店』へいってきましたよ。

実はベトコンラーメン評論家を名乗っていますが(繰り返しますが自称です)、新京の本店は5年ぶりほどです。
ずいぶんご無沙汰しておりました。

久しぶりの本店に胸を躍らせていたんですが、思いもしない結果となってしまいました・・・

ベトコンラーメン新京 本店

ベトコンラーメンは1969年に愛知県一宮市にあるこのお店「新京 本店」さんがメニュー化されたのが始まりです。
50年近くの歴史があるんですね。

場所はJR、名鉄の一宮駅から車で5分ほどのところです。
駐車場はお店の道を挟んだ斜め前に6台くらい停めることができるスペースがあります。

お店は民家が並ぶ場所にありますから、車だと思わず通り過ぎてしまうかもしれません。

ベトコンラーメン新京 本店
IMG_0544

幼いころよく親に連れてきてもらっていましたが、昔と全く変わらない外観です。

店内も、全く変わってないんですよ。
IMG_0533
レトロだな~

昔は無かったんですが、現在はランチメニューがありました。
そういえば、5年前もあったな。
自分が幼いころは無かったはずです。

自分はいつものように、「国士無双」をオーダーしました。
(国士無双とは、ベトコンラーメンのタンメン的料理です。念のため。)

今回は友達と一緒でしたので、連れは「ベトコンラーメン(小)ランチ」にしました。

このランチは、から揚げ(2個)、シュウマイ(2個)、チャーハン(小)がついているお得メニューです。

「店内は全く変わってないな~」

とノスタルジックに浸っていると、「国士無双」がやってきました。

国士無双(1,000円)
IMG_0535

ん、ちょっとモヤシが炒め過ぎ感がある・・・

自分は、国士無双を食べて早○○年ですので、食べる前にいろいろなことが分かるんです。

これは、「新京インスパイア系」のお店によくあるタイプのモヤシだな。。。
(新京インスパイア系については、こちらの記事を参照してください)

でも、きっと味は新京の王道に違いない。
だって、本店だし。
と、気を取り直して一口。

んーーーーー。

まずいわけではありません。

でも、昔食べた新京本店の味ではありませんでした。
五目炒めが、炒め過ぎというか、炒めてから時間が経ってしまっている感じです。

スープは新京ですね。
大丈夫です。

麺はベトコンラーメンの麺ではなく、サッポロラーメンの麺かな?
(ここでいうサッポロラーメンとは、本場の札幌ラーメンの太い麺ではなく、新京のメニューで辛いラーメンが食べれない方がオーダーする醤油ラーメンのことです)

違っていたらごめんなさい。

ちなみに、連れのランチの写真を載せておきますね。

ベトコンラーメン(小)
IMG_0540
連れ曰く、「スープがぬるい」と。

から揚げ(2個)
IMG_0536
ビジュアルが、新京のとは・・・

しゅうまい(2個)
IMG_0537

チャーハン
IMG_0541
昔食べた、しっとりチャーハンではないな・・・

これ以上書くのはやめにしておきます。

以上、
あくまでも個人的意見としてご理解ください。

 

まとめ

言い知れぬ悲しみをかみしめながら、お店を後にしました。

 

ちなみに、現在では、愛知県内にはのれん分けの「新京」が数店あります。

のれん分けではありますが、微妙に味が違うんですよね。
中には「新京」を名乗っておられても、個人的に大きくぶれてしまっている店もあったりします。

自分が絶対におすすめできる新京さんは、

1.小牧店さん
2.西春店さん
3.中川店さん
4.伏見店さん
5.守山店さん

以上の5店舗です。

ベトコンラーメンを初めて食べる方がおられましたら、まずはこの5店を訪れることをおすすめします!

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*