”本場の中華”をリーズナブルに味わえるお店「延辺館」

Pocket

IMG_0518

職場の友人に中国人の方がいるんですが、先日、本場の中国料理が食べられるお店が「名古屋市内にあるから行かないか?」とのお誘いをいただいたんです。

自分は中華料理が大好物なんですが、いつか中国に行って本場の中華料理を食べてみたいと常々思っていたんですよね。

しかし、いかに本場の味といっても名古屋にあるんだから、「やっぱり日本人の味覚に合うようにアレンジしてあるんじゃないの?」と中国人の友達に聞いてみると、「いや、中国の地元で食べる味と同じ」とのこと。

これはもう行くしかないってことで、会社の宴会も兼ねていってまいりました。

本場の中華料理を名古屋で食べることができる

お店の名前は「延辺館」(えんべんかん)さんです。

場所は名古屋市の中区にあるんですが、地下鉄の栄駅と新栄駅から徒歩10分くらいかかるところにあります。

この辺りは、非常に中華料理店や韓国料理店が多い地区です。

また、少し行くと、夜のお店がいっぱいの地区に入り込むため、女性の一人歩きはちょっとやめたほうがいいかなって感じです。

お店に到着して驚きました。

ちょっと綺麗なお店ではありませんか。

IMG_0610

この写真は、お昼に通りがかった際に撮影した玄関の写真です。ちなみにお昼は営業されていませんので、ご注意くださいね。

店内も2階建てで、広くてとても清潔な感じがしました。

本場の中華料理が食べられるってことだったので、ちょっとエキゾチックで日本人を寄せ付けないような雰囲気の店ではないかと心配していましたが、全くそんなことはありませんでした。

他のお客さんは90%ぐらいは中国の方でした(笑) 店員さんとは中国のお言葉でお話しされていました。

こっちにも中国人がいますから、オーダーは全て彼にお任せです。

IMG_0473

IMG_0474

IMG_0477

メニューはありますが、初めて見る料理ばかりで面食らってましたが、おすすめ料理をどんどん注文してくれました。

ということで、メニュー名は分かりませんが、ざっくりとどんな料理かをお伝えしていきますね。

まずは、ラム肉の串焼きです。たしか1本300円くらいだったと思います。

IMG_0483

まったくラムの臭みはありません。香辛料を聞かせてすばらしく美味しく焼き上げてありました。

こちらは豆腐だそうです。白いのが豆腐です。形も食感も日本の豆腐とは全く違いますね。

IMG_0232

こちらは、青菜炒めです。たしか、「介蘭」という青梗菜みたいな野菜のニンニク炒めです。

IMG_0476

続いて、こちらは何だっけ??? たしか牛のハチノスのお料理だったような・・・

IMG_0231

クラゲとキュウリの和え物

IMG_0233

水餃子

IMG_0478

モチモチで美味。

どんどんヘビーになってきますよ!

ワタリガニの料理です。名前は分かりません。

IMG_0479

辛かった~

どーん!

IMG_0516

IMG_0517

名前は分かりません。
モツとかいろいろが煮込んであります!!!

メインは、海鮮のに四川風の煮込み料理です。

IMG_0519

やっぱり名前は不明。
でも、素材の味はしっかりと味わえて、四川風の辛い料理に仕上がっていて、とても日本では食べられないお味でしたよ。

名古屋にこんなに素晴らしいお店があるなんて、全然知りませんでした。

本場の中華料理の味を楽しみたかったら、勇気を出して是非とも訪れてくださいね。

最後のメインは高そうでしたけど、他の料理はとてもリーズナブルですから心配ありませんよ。

関連ランキング:中華料理 | 新栄町駅矢場町駅栄町駅

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*