名古屋の伏見で本場のハンバーガーが食べれるよ

Pocket

写真 (72)
本場アメリカの味を再現したハンバーガーのお店が名古屋の中心部にあります。

とーっても美味しかったんで、ご紹介しますね。


スポンサーリンク

本場の味を再現 ハンサムバーガー

写真 (63)

伏見地下街

場所は名古屋市の中心部の伏見にあります。

名古屋の人はよく知ってる場所なんですが、名古屋駅と栄の間に位置していて、どちらかというとビジネス街なんです。

その伏見の地下街に、お目当てのハンバーガーショップはあります。

伏見に地下街?
って思った方も多いのでは。

名古屋駅と栄の地下街は非常に広くて有名ですけど、
伏見にも地下街があるんですよ。

昔からあるんですけど、正直言って、また言い方が悪いですけど「さびれた」地下街です。
写真 (66)
いや、でした。(過去形になりつつあります)
まあ、いまでもこんな感じですが(汗)

再開発が進んでるんです。

その地下街とは、「伏見地下街」です。
なんと、昭和32年からある地下街なんですね。

自分は、この近辺で働いていたことがあったんですが、ほとんど利用したことがない地下街でした。
床屋さんと、衣料品の問屋さんみたいなお店しかなかったような。。。

でも、最近ではカフェとか居酒屋さんとかリニューアルしつつあるようです。

ハンサムバーガー

その伏見地下街にあるのが、「ハンサムバーガー」です。
写真 (65)

すぐそばに、地下鉄東山線の「伏見」駅の改札があります。
写真 (64)

お店の前の地下街にディスプレイされているメニュー
写真 (61)

オーナーはアメリカのハンバーガーショップで修行されて名古屋にアメリカの本場の味を再現したいということで、
このお店をオープンされたそうです。

11時の開店とともにお店についたつもりだったんです、すでに4組のお客さんがレジに並んでいました。

ハンバーガーのメニューとしては、基本のハンバーガーとチーズバーガーの2種類だけです。
それに、ベーコンなどをトッピング追加する感じでした。

とってもお腹がすいていたので、この2つのハンバーガーとフライドポテトを持ち帰りでお願いしました。

先に代金をお支払いすると、番号券をもらって店内で待ちます。

店内は非常に狭いです。
写真 (58)
カウンターしかありませんので、立ち食いとなります。

調理しているところがすぐ目の前で見れます。
写真 (59)

10分ほど待って、商品を受け取りました。

ハンサムバーガーを食べてみた

腹減ったーってことで、お待ちかねのハンサムバーガーを食べてみます。

ハンバーガー、チーズバーガー、フレンチフライです。
写真 (67)
食べ過ぎかな。

一見して、チェーン店のハンバーガーとは違います。
分厚いです。
写真 (69)

かじってみると、まずバンズのしっかりとした歯ごたえを感じます。
次に、ハンバーグ(パテ)の肉の旨味が伝わってきました。

お肉はハンバーグというより、あらびきのひき肉を固めた感じです。
写真 (73)
ケチャップやマスタードは入っていないような感じです。
入っていても少しだけかな。

レタスがたっぷりとはいってるのが嬉しいですね。

味としては、薄味というか素材の味を楽しむハンバーガーですね。
人によっては、ケチャップ足して欲しいとか思うかも。

まとめ

あまりメニューが多くないですので、頻繁にはリピートできないかもしれないですけど、
たまに本場のハンバーガーの雰囲気を味わいたい時は、伏見のハンサムバーガーですね。
おすすめですよ。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*