本格的な香草焼きを家庭で作るには、大切なポイントが一つあります

Pocket

a9bb49fc0019857105e4e8e0262d61ea_s
自分は料理が趣味なので、休日はいろんなものを作ります。

つまみとしてよく作るのが、お値打ちなのに「本格的な香草焼き」です。

レシピとしては、とっても簡単です。
男の人でも簡単にできちゃいます。

でも、「本格的」としてのには訳があるんです。


家庭で「本格的イタリアン香草焼き」を作る
d02a0e5ad8d03a7e78d6cc9c03795fa0_s

まずは、香草焼き?ってところですが、
鶏肉や魚を、いろんなハーブの香りをつけて焼いた料理ですね。

自分がよく作るのは、鶏の胸肉の香草焼きです。
どちらかというと、パン粉焼きといわれるものでしょうか。

ところで、なんで「本格的」とえらそうに命名したかというと・・・

ハーブを栽培しよう
6a265d48acfe3eec916bdb522626b1b4_s

家庭でハーブを栽培すると、イタリアンを作る時って、
ものすごく重宝するんです。

自分はいろいろハーブを栽培していますが、
一番簡単で、どんどん増えていくのが、

ローズマリーです。
写真 (30)

自宅玄関横の花壇で栽培しています。
すごく小さなスペースに植えたんですが、
みるみる増えていきました。

自宅のローズマリー
写真 (37)

若干、増えすぎな感が・・・

花壇に植えてから、特に肥料や何かを与えたことは一切ありません
簡単に増えていきました。

日当たりだけはいい場所ですので、
ちゃんと育てる(増やす)コツは、そこだけだと思います。

とにかく簡単ですから、観葉植物を販売しているお店で、
ローズマリーの苗を買ってきて、日当たりのいい花壇に
植えましょう。

いろんな料理に活用できますよ・

本格的イタリアン香草焼きのレシピ

まずは材料から、

材料

鶏の胸肉・・・300g
ローズマリー・・・好きなだけ(是非、栽培しましょう。好きなだけ使えます)
パン粉・・・適量
粉チーズ・・・適量
塩・コショウ・・・適量
卵・・・2個

作り方

1.食べやすい大きさに切った、胸肉に塩・コショウをまぶす。

2.1の胸肉に小麦粉をまぶし、といた卵につける。

写真 (32)

3.ボールに、パン粉、粉チーズ、ローズマリー(葉の部分)を、混ぜ合わせておき、
2の胸肉に衣をつける。

写真 (31)

 

写真 (33)

4.多めの油で焼く。(若干揚げた感じですね)

写真 (34)

 

これくらいのきつね色くらいがおいしいですよ。

写真 (36)

 

 

できあがり

写真 (35)

たったこれだけの手順です。
とんかつと同じ手順ですから、簡単ですよね。

 

まとめ

やっぱり、ワインのつまみにとーってもあうと思っています。

ポイントはしつこいですが、生のローズマリーです。
スーパーで買える乾燥したローズマリーとは、
香りが全然違いますから、是非、栽培して香草焼きを
作ってみてくださいね。

生のローズマリーがあると、今回のローズマリーだけじゃなくて、
とんかつ用の豚肉といっしょに焼いたり、
ジャガイモと炒めたり、
ものすごく重宝しますよ。

その他のレシピは、今後ご紹介していきますね。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*