【名古屋グルメ】”イタリアンスパゲティ”とはイタリア料理に非ず

Pocket

イタリアンスパゲティ ナポリタン 違い おすすめ出展:sealion様

普通は「イタリアン」っていうと、
イタリア料理ですよね。

しかーし、名古屋ではそんな常識は通用しません!

喫茶店で「イタリアン」というと、
スパゲティが出てくるんですよ。
(パスタではなく、日本的なスパゲティです)

名古屋以外の方、ご存知でした?


スポンサーリンク

イタリアンスパゲティとは?

original出展:sealion様

名古屋では「ナポリタン」ではありません

名古屋の喫茶店で「イタリアン」を注文すると、
「イタリアンスパゲティ」が出てきます。

どんなスパゲティかというと、
全国的にいうところの「ナポリタンスパゲティ」に近いものです。

近いというのは、料理の味付けは同じなんだと思います。

ソーセージや玉ねぎ、ピーマンを炒めて、スパゲティとからめ、
トマトケチャップソースで味付けします。

ナポリタンスパゲティと同じですよね。

「ナポリタン」との大きな2つの違い

じゃあ、いったい何が違うんだい!ということですが、
ここから大きな2つの違いがあります。

一つ目の大きな違いは、
スパゲティを乗せる器です。

「イタリアンスパゲティ」を乗せるのは、
熱々にした「鉄板」なんでです!

普通は、ハンバーグやステーキを乗せるやつですね。

だから、いつまでたっても熱々のスパゲティが味わえます。

鉄板と触れている部分のスパゲティは、少し焦げかけていて、
そこがかえって香ばしくて味わい深かったりします。

もうひとつの大きな違いは、
溶き卵がひいてあるんです!

イメージがわきづらいかもしれません。
鉄板全体を覆う薄い卵焼きの上に、
スパゲティが乗っている状態と思ってください。

これによって、スバゲティをフォークで巻き取ろうとすると、
卵焼きも絡んできて、いっしょに味わうことができます。

濃厚なケチャップソースとバランスがあって、とっても美味しいですよ。

以上の点からも、一般的な「ナポリタンスパゲティ」とは全く違う料理だと考えてます。

「イタリアンスパゲティ」の有名店

名古屋の喫茶店ならば、おそらくどこでも食べられると思います。
逆に「ナポリタン」は食べられません(笑)

一応、有名店を一軒だけご紹介しておきますね。

ユキ

  関連ランキング:喫茶店 | 車道駅千種駅新栄町駅

こちらがイタリアンスパゲティ発祥のお店らしいです。
この記事内で使わせていただいている写真はユキで撮影されたものです。
名古屋駅からちょっと距離がありますので、 近くに行ったら食べてみるといいかもしれません。
名古屋ならどこでも食べれますし、 正直なところ、どの店でもあまり差はないですし、
ケチャップで炒めたスパゲティは美味しいはずですよね。

まとめ

名古屋人からしたら、「イタリアンスパゲティ」が、 ほんとうのケチャップ味の庶民が食べるスパゲティであって、
「ナポリタンスパゲティ」は、「パンチが無いイタリアンスパゲティ」に過ぎません。

名古屋を訪れる機会があったら、おすすめ店はもちろんですが、 その辺の喫茶店で食べてみてくださいね。


Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*