名古屋駅近くの地下街で”美味い坦々麺”が食べられます

Pocket

mainpic
出展:想吃担担面 公式ホームページ

名古屋の地下街に本格的な坦々麺を食べさせてくれるお店があります。

「想吃担担面」というお店です。

なんて読むかわかります?

シャオグイライラ“と読みます。


スポンサーリンク

坦々麺専門店 想吃担担面

このお店、名古屋で4店舗を展開しています。
3店が名古屋駅周辺で、交通の便もよく、仕事帰りに立ち寄りやすいんです。

今回訪問したのは、「ユニモール店」です。

名古屋の人は常識かと思いますが、ユニモールという地下街を念のためご紹介しておきます。

名古屋駅から東へ向かって一直線に伸びている地下街です。
地下鉄で言えば、桜通線の名古屋駅から国際センター駅の間です。

このお店、名古屋駅周辺に3店舗あると書きましたが、このユニモールの反対側の地下街である、「エスカ」にもあるんです。
名古屋以外の人で新幹線で名古屋を訪れた方は、「エスカ店」のほうが近いですね。

自分は、以前に「栄店」にも行ったことがあるんですが、個人的には今回訪れた「ユニモール店」のほうが美味しく感じました。

同じお店の同じレシピだとしても、調理人によって微妙な差が出てくるんだと思いますね。
ユニモール店のほうが、どこか繊細な旨みを感じるような気がします。

想吃担担面 ユニモール店

場所はこちらの公式ホームページを確認してください。

平日の仕事帰りによったんですが、結構お客さんが入ってました。

お店は地下街だけに、そんなに広くはありません。
写真 (1)
カウンター席もあって、一人でも気軽に入りやすそうな感じです。

今回食べたのは、ハーフ坦々麺セット(1,200円)です。
写真 (2)
ハーフサイズの麺と料理をチョイスするタイプでした。

麺は、看板メニューの坦々麺ですが、”汁なし”も選ぶことができます。
が、やっぱり王道の”汁あり”にして、料理は「よだれ鶏」にしました。

ビールも飲みたかったので、つまみに「水餃子」もオーダーです。

まずは、「水餃子」がやってきました。
写真 (3)
ごまだれの風味がすばらしいです。

続いて、セットをいただきました。

坦々麺
写真 (5)

ハーフサイズなんで、小さいとは思っていましたが、かなり小さなどんぶりです。
男性にはちょっと物足りないかも?

しかし、味はかなり美味しいです。
かなり辛めで、あとから山椒の刺激や独特なラー油の風味が追っかけてきて、複雑で味わい深い坦々麺に仕上がってる気がします。

続いて、「よだれ鶏」です。
写真 (4)

これ、大好きなんです。
胸肉なんでしょうか? でも、しっとりとして全くパサパサしていません。
この鶏にかかっているソースが絶品です。

水餃子にもかかっていた「ごまだれ」と「ラー油」がたまらなく美味いんです。

ラー油はどこか甘い香りがして、なんにでもかけて食べたくなる美味しさです。
テーブルに置いてありますから、すきなだけ味わえますよ。
写真 (6)

最初、男性には量が物足りないかなと思ったんですが、辛い料理にごはんがものすごく進みますので、ごはんをおかわりすれば、お腹いっぱいになるでしょう。

まとめ

なにげなく地下街にあるお店で、これだけの味を出せるお店って、あんまりないような気がしてます。
お店が狭いですから、ゆっくり食事するという感じではありませんが、味は間違いありませんからおすすめです。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*