余った保冷材はこの3つの方法で再活用しよう

Pocket

保冷材の活用
保冷材の意外な活用方法について、
関東と東海で放映されている「ゴゴスマ」でやっていました。

ケーキ屋さんでもらえる保冷材って、冷蔵庫にたまっていきますよね。
使い道といったら、熱っぽい時に頭や体を冷やすか、
お子さんや旦那さんのお弁当の保冷に使っている方が多いんじゃないでしょうか。

それ以外って、あまり思いつかないですよね。
気がつくと冷凍庫にあふれてしまっていて・・・

ちょっと想像がつかない便利な活用方法が紹介されていました。


保冷材の中身

b6cdbcf963eb56b48decbfcfdc1624ef_s

保冷材の中身は何が入っているかご存知でしょうか。
「ゴゴスマ」でやっていたんですが、
中身は、99%が水で、残り1%が高吸水性ポリマーなんだそうです。

絶対に食べたらいけないですが、中身を触っても大丈夫とのことです。

そういう意味では、高吸水性ポリマーを購入すれば、家庭でも保冷材が
作れちゃうってことですね。
例えばこんな商品
大宮グリーンサービス 水のお留守番 土150L分 150g

 

保冷材の便利な活用方法

1.自動じょうろ

a4cf99070d3f673adc085166d9896a56_s

観葉植物やお花への水やりに使えるんです。
例えば、旅行にいくため留守にしてしまうが、
観葉植物やお花が枯れてしまわないか心配な場合。

そんな時は、保冷材を活用するんです。

勇気を出して、保冷材の中身を出します。(触れても安全)(食べちゃダメです)

その中身を、観葉植物やお花が植えてある、土の中に軽く埋めてあげるんです。

すると、土の乾燥にあわせて、保冷材の中身(99%水)もだんだん溶け出していって、
しばらくは水を徐々に与えてくれるようなんです。

ただし、「ゴゴスマ」の説明では、1本立ちのアサガオの植木鉢に与える量として、
2泊3日の旅行ならば、18個!必要と言っていました。
ないですよね、そんなには。

なので、計画的に貯めておく必要ありますね。

 

2.ホットアイマスク

d48985e9433572f810806e7bea6c01df_s

目が疲れた時に利用するホットアイマスクにつかえます。

花王とかから販売されていますが、結構なお値段ですね。
たとえばこれ。
めぐりズム 蒸気でホットアイマスク 無香料 14枚入

耳かけなんかが付いていて、使いやすいのは良いんですが、
できればタダでホットアイマスクが作れたら嬉しいですよね。

そんな時は、
保冷材を温めましょう。

冷やすだけではなく、温めても良いんです。

やり方は簡単です。

80℃くらいのお湯に保冷材を数分浸しておくだけです。
あとは、タオルやハンカチにくるんで適度な温度にして
使うだけです。

温めていいなんて意外でした。

 

3.芳香剤

375e054e33ff15137c2c455c909f9f8e_s

好きな香りの芳香剤を作ることができます。

作り方は簡単です。
中身に好きな香りのアロマオイルを含ませるだけです。

テレビでは、絵具やビー玉なんかで可愛く見た目も良くしていましたが、
香りだけで十分かもしれないですね。

アロマオイルはテレビでは、たぶんこれを使っていました。

まとめ

テレビではやっていませんでしたが、
温めてもいいということは、
上手にくるめば、カイロにも利用できますね。

冷やすだけではなく、温める使い方があることが
一番の驚きと発見でした。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*