熱帯夜にエアコンを使わず快眠する方法を5つ考えてみました

Pocket

熱帯夜に快適に眠る男性

梅雨に入りうっとおしい季節になってきましたが、この季節が終わるといよいよ真夏になってきます。

毎年、つらい思いをするのが熱帯夜じゃないでしょうか。

寝不足になったりして、学校や仕事にも影響が出てしまったり。。。

そろそろ到来するあのつらい夜をなんとか快適に眠ることができないか考えてみました。

クーラーをつけっぱなしにすれば、寝れるんじゃない?

それはそうですが、身体に良くありません。

それに電機代もままにならないですよね。

クーラーをなるべく使わずに快適に眠る方法

1.寝具を変える

効果があるとよく言われるのが麻を使った敷布団や掛け布団にすると快適といわれています。

麻以外にもいろいろと効果的な素材はあるかと思いますが、

麻の効果について布団専門店「石田屋」さんのホームページに特徴がのっていましたのでご紹介いたします。

麻の効果

1.吸湿性・放湿性・熱伝導性が優れる

天然繊維の中で最も吸湿性・放湿性・熱伝導性が優れているので、冷涼感があり、ヒンヤリとした肌触り。
乾きやすく、汗でべとつきません。

2.シャリ感・通気性に優れる

肌に密着せず、蒸れにくいので、さらっとした肌触り。

3.丈夫

天然繊維の中で、もっとも丈夫と言われています。
また、水に濡れるとより強くなる性質を持つので、洗濯に耐えます。

4.汚れの落ちやすさ

麻に含まれる天然のペクチンには、汚れをはじく性質があります。

5.毛羽立たない

ホコリがでにくく、グラスなどを拭いても繊維の毛羽が残りません。

引用:「石田屋」ホームページ

おしゃれですし、寝心地もきっとよくなるでしょうね。

でも、ちょっとお高いのが・・・

 

自分は、麻ではないんですが、もっとお値打ちなものにしています。

ニトリで買った敷パッドを敷布団の上に引いて寝ているんですが、直接肌に触れると冷んやりして気持ちいいです。ホームファッションニトリ

身体に触れている部分は当然ずっと冷たいままではないんですが、寝返りすればすぐに冷んやりとなるので熱帯夜にはかかせないアイテムと思っています。オススメです。

 

2.パジャマを着る(変える)

Tシャツなんかで寝るかたも多いんじゃないでしょうか。特に男性はそうかと思います。

そんな方は、パジャマに変えてみましょう。

もともとパジャマというものは、肌触りが良く、寝返りを打っても乱れず、リラックスできるように作られたものですので、

Tシャツ・短パンとは眠りの質が当然変わってくると思います。

吸水性の高い綿やシルク素材のパジャマが良いようですよ。

また、パジャマを着ることで、寝る前の儀式(スリープセレモニー)となり眠りに入る時間の短縮や質を高めることができるとワコールさんがおっしゃっています。

 

普段はパジャマ以外で睡眠をとる実験参加者が寝付くまでにかかっていた時間は平均47分でしたが、

ワコールパジャマ着用後は平均38分となりました。

パジャマを着用することで寝付くまでにかかる時間が約9分短縮されました。

引用:ワコール すやすや部 http://www.wacoal.jp/suyasuya/pajama/comment02.html

 

3.やっぱり扇風機を活用する

とはいえ寝具を変えたり、パジャマにしても暑いものは暑い日って必ずあります。

そんな日は、やっぱり扇風機を活用しましょう。

最近の扇風機って、すごくデザインがおしゃれで、高性能ってご存知ですか。(昔の青や緑の羽根のが懐かしいですね)

インテリアとして置いてあっても違和感ないものが結構あります。

クーラーはダメで扇風機ならっていうのは、電機代がすごく安いからなんです。

消費電力から比較すると、クーラーは400W~800Wくらいですが、扇風機は35Wくらいなんです。

例えば10時間使うと、クーラーは100円~200円くらい、扇風機は10円未満なんです。

全然違いますね。

10円ならば、つけっぱなしでも問題ない気がしますが、身体にずっとあたっていると、冷えて風邪をひくなどの原因に

なりますので、タイマーや首振り機能を上手に利用しましょう。

 

4.保冷材で冷やす

ケーキ屋さんでもらう保冷材をいつも冷凍庫に保管しておいて、タオルで包み枕の近くに置くと顔あたりが冷んやりして気持ちがいいです。

自分はアイスノンと保冷材と一緒にベッドに入ります。

顔が冷えると、なんとなく眠れそうになりますよ。

 

5.眠る前に入浴する

38度~40度くらいのぬるま湯に、20分程度浸かると血管が開き、体温が下がりやすくなるそうです

身体の表面は温かいんですが、内側は下がる効果があるようです。

雪山で体温が下がると遭難者が眠くなる原理と同じです。

 

まとめ

今回、電機代を調べてみて、クーラーに比べ扇風機は非常にお値打ちということが分かりました。

日中はすぐにクーラーのスイッチを入れがちですが、寝る時以外でも、扇風機をもっと見直しして活用しても良いかもしれませんね。

ということで、今年の夏は、パジャマに着替えて扇風機を活用して、寝苦しい熱帯夜を乗り越えようと思いますので、

早速、まずはパジャマを買いに行きます。

 

 

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*