沖縄は実は暑くない?どの街が暑いのか調べてみました

Pocket

沖縄で暑い夏を過ごす女性

自分が一番大好きなところといえば、沖縄です。

日本の代表的なリゾート地で年中海水浴ができて、太陽がギラギラで熱いイメージですよね。

でも、訪問するたびに思うんですが、暑いのは確かだけど自分の街のほうが暑いような気がする・・・

自分は本州の太平洋側の都市に住んでいます。サラリーマンですので、普段はスーツを着ているんですが、夏は倒れそうなくらい暑いですよね。

それに比べると遊びで訪問する沖縄はTシャツだから涼しいのかな?

ということで、ホントに沖縄は暑いのか?

テレビで言われているように、ホントは熊谷や多治見のほうが暑いんじゃないのか、調べてみました。


過去の気温データ

いきなり結論めいていますが、気象庁の過去の最高気温歴代ランキングを見てみましょう。

WS000000

上記データの出展元:気象庁ホームページ

 

沖縄は・・・ 入ってないですね。

熊谷、多治見がやはり2位にランクインしています。

どちらの街にも夏に行ったことがありますが、ホントやばいくらい暑いです。

 

実は35度以上になることはめったにない沖縄

どうやらフェーン現象が起きない沖縄は、35度以上になることはめったにないようです。

那覇市の過去最高気温は、35.6度のようです。

東京や大阪、名古屋などの都市部では、真夏になると35度は軽く超えてしまいますよね。

沖縄は冬は、一番気温が下がる1月2月で平均17度程度です。一番暑いであろう7月8月で平均28度程度のようです。

なんて過ごしやすい土地なんでしょうか。

本州に住んでいると、冬は雪が降り積もる寒さに耐え、夏は35度を軽く超える暑さが当たり前になっていますので、うらやましい限りです。

日本の気候は亜熱帯化しているようで、雨の降り方も変わってきていますよね。雨の降り方もザーっと振って、すぐに晴れるような感じで、東南アジアみたいになってきています。

 

主要都市の最高気温の比較

日本の主要都市でどこが一番暑いんでしょうか。

過去の記録を調べてみました。

  • 札幌・・・36.2度
  • 東京・・・39.5度
  • 名古屋・・・39.9度
  • 大阪・・・39.1度
  • 那覇・・・35.6度

なんと、札幌よりも沖縄の過去最高気温は低いんですね。

東京、大阪、名古屋の日本3大都市のうち、名古屋が一番暑いというデータです。そして、一番気温が低いのが沖縄。。。

自分は仕事でこの3大都市に頻繁に訪問します。一日のうちに3都市を移動することもたまにあったりしますが、新幹線を降りたとき、ものすごい蒸し暑さを感じるのは名古屋がやはり一番かもしれません。

ちなみに、この3都市で開催される大相撲ですが、夏は名古屋場所ということもあるかもしれませんが、関取のみなさんは名古屋場所がとにかくつらいっていいますもんね。

 

まとめ

沖縄は夏は本州のようにむちゃくちゃな暑さにはならず、冬は17度程度までということで、生活しやすい素晴らしい土地だということがデータからも分かります。

真夏は沖縄へ遊びにいくのは、夏を楽しむということは当然ですが、避暑としても絶好のリゾートですね。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 那覇市在住 より:

    おっしゃる通り、沖縄は気温はそこまであがりません。今年の夏も暑いときで那覇市で33℃辺りでした。
    ただ、重要なのは湿度です。
    こっちの夏の湿度はいつも高いので、不快なくらい蒸し暑いですよ。
    夜に気温があまり下がらないのも、本土との大きな違いですね。5月から10月まではエアコン無しでは寝られません。
    ちょうど今の時期から4月くらいまでは絶好のシーズンなのですが。

    1. mabo より:

      コメントいただき、誠にありがとうございます。
      自分は沖縄が大好きすぎて、年に2回は旅行で訪れてます。
      たしかに湿度はすごいですよね。
      一眼レフカメラを持参すると、撮影中にレンズが曇ることがあります。
      とてもつたないブログで恐れ入りますが、今後とも宜しくお願いいたします。

コメントを残す

*