本格的なチャーシューが初心者でも作れる簡単なレシピをご紹介します

Pocket

dancyuアレンジ チャーシューレシピ

自分の趣味は色々あるほうなんですが、気分転換としてもすごく役立っているのが料理です。

念のためお伝えしておきますが自分は男性です。

タモリさんなんかも、「料理中は何も考えなくなるから・・・」とおっしゃっていますが、ほんとにストレス発散にもなります。

そこで、自分が得意としている料理もこれからはご紹介していきたいと考えています。

今回は中華で重宝する「チャーシュー」です。

作り方の手順は3つしかありません。

ものすごく簡単ですので、是非作ってみてください。

「dancyu」レシピのアレンジ

正直なところこの「チャーシュー」レシピは、雑誌「dancyu」で紹介されていたレシピのアレンジです。

でも、自分的には中華料理にピッタリ合う味付けにアレンジできていると思っていますので、「焼き豚」ではなく、中華の「チャーシュー」を食べたい方は、自分のレシピを参考にしてくださいね。

材料

DSC02723

  1. 豚肉(バラや肩ロースなどの700gくらいの長いままの)
  2. ねぎ 1本
  3. 紹興酒 150cc
  4. 醤油 150cc
  5. 水 100cc
  6. ニンニク 1片
  7. 八角 1個

dancyuレシピは1〜5までしか使っていないはずです。これはこれですごく旨い「焼き豚」になります。

今回は、中華の「チャーシュー」を作りますから、6と7を追加して作りましょう。

 

作り方

1.豚肉に醤油を塗る

醤油適量を豚肉に手で塗ります

 

2.豚肉をフライパンで炒める

粗みじんしたニンニクと一緒に多めの油で1の豚肉を軽く炒める

DSC02724

(焼き色が付く程度まで)(ニンニクは粗ミジンにしましょう。ニンニクが焦げないように注意)

 

3.豚肉を煮る

5cmくらいにきったネギを敷いた鍋の上に、2の豚肉を乗せて紹興酒、醤油、水、八角を入れて煮る

(沸騰したら、弱火にして約1時間)

DSC02726

以上でできあがりです。

 

すごく簡単ですよね。

料理初心者の方にもできちゃいます。

でも味は本格中華店の味になりますよ。

 

ポイント

このレシピのポイントは、先に豚肉を炒めて香ばしさを出すことと、

ズバリ、八角を使うことです。

風味が日本料理にはない、本格的は風味が簡単につけることができます。

中華料理の材料として抜群の味になりますよ。

八角が手に入らなければ、dancyuレシピにしましょう。

 

こんな料理に使えます

できあがったチャーシューは、そのまま食べてももちろんおいしいですが、料理の材料として使うとすごく便利でおいしくなります。

いろいろと使えると思いますが、やっぱり炒飯に使うのが一番です。

炒飯については、意外と作り方によって味が大きく変わる中華料理ですが、このチャーシューを使うとかなりおいしくなります。

粗目にカットして、玉ねぎを入れた炒飯がオススメです。

以上、是非試してみてくださいね。

 

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*