明日嫌な事があるときは、この3つの考え方で乗り切ろう!

Pocket

嫌な事を乗り切る方法

明日の授業がいやだ、仕事で会議に出たくないなど、様々な理由で会社や学校に行きたいくないときって、誰でもありますよね。

そんな時、嫌な事に立ち向かう3つの考え方を書いてみたいと思います。


会社や学校に行きたいくないときに考えたい3つのこと

まだまだ若輩者の自分ですが、そんな時いつも考える3つのことがあります。
僭越ながらご紹介したいと思います。

 

1.それってホントに大変?

年齢によって経験値は人それぞれだと思いますが、自分なりに辛いことや大変なことを経験していると思います。
いつも自分が考えるのは、明日予定されている嫌な事って、本当に大変で辛いことなのか?ということです。
自分が過去に最大級に辛かったことと、明日予定されている嫌と思っていることを比較するんです。

たぶん、最大級に辛かった出来事に比べれば、大したことないはずです。

そんな辛かったことにもなんとか耐えてきたわけですから、今回も必ず耐えられるはずですし、辛いって思ってることは単なる思い込みかもしれませんよね。

 

2.十分幸せでしょ?

今日の新聞にもきっと載っていると思いますが、自動車事故や凶悪な殺人事件などの記事で、お亡くなりになった方々のお名前が載っていますよね。

自分の名前が明日の死亡記事に載っているかもしれませんよ。

車にも頻繁に乗る機会はあるでしょうし、凶悪な殺人事件は日常茶飯事。
最近では安全なはずの新幹線でも死亡事故が起きてしまいました。(犠牲になられた方のご冥福をお祈りしています)
自分が巻き込まれていても、全然おかしくありません。

自分じゃなかったのは、当然ではなく、単なるラッキーの連続なのかもしれません。
明日も明後日も生きていると思ったら、甘いのかもしれませんね。

また、ご病気でたいへんに辛い思いをしておられる方々は、身近にもいらっしゃらないでしょうか。

もしあなたが健康ならば、今日も美味しくご飯が食べられて、家族や恋人、子供たちが元気でいるだけで、
ものすごく幸せなはずです。

学校や仕事ごときのことで、くよくよしているのは、バカらしいって思っています。

 

3.じゃあ、辞めちゃえば?

学校や仕事が嫌ならば辞めちゃえばいいんです。

でも辞めないですよね、みなさん。

これは、イヤかもしれないけど学校や仕事には行きたいんですよ。

辞めない理由は、
学校を辞めたらその後の進学や就職に影響がある。
仕事を辞めたら給料がもらえないので、家族が養えなくなる。

ちゃんとした理由があるんですが、忘れてしまい、目の前の嫌と思っていることに、一喜一憂しているだけなんです。

自分がどうして、学校や仕事に行く理由があるのかを、しっかり考えてみましょう。

 

まとめ

誰だって嫌だなと思うことはあります。でも嫌だなと思っている時点で、それはきっと大した事ではありません。

本当に大変な状況は、そんな感情に思いを巡らす余裕さえないはずです。

それでも嫌な事で元気が出ない場合は、
それは本当に大変なことで、自分にとって命にかかわるようなことか。
それに辞めてしまうような大変なことか。
と、考えてみましょう。

以上の考えをめぐらすと、少し前向きな気持ちになれると思って、いつも考えるようにしています。

明日はみんなが憂鬱な月曜ですが、少しでも元気になれるお助けになれればと思います。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*