「ちょい鬱」で気分が落ち込んだ時、ポジティブになれるシンプルな方法

Pocket

前向きになる
気分が落ち込むことは誰にでもあると思いますが
そんな時、みなさんどうしていますか?

なんとなく気分が憂鬱な状態は、
自分も含めた社会人の方は、仕事に影響が出てしまいますし、
健康にも良くないはずです。

そういった、「ちょい鬱」状態の時、
社会人は、気分を切り替えていくことが非常に重要です。


「ちょい鬱」で気分が落ち込んだ時にポジティブになる方法

理由を明確にする
落ち込んでいる理由を明確にする

まずは、今、なぜ「ちょい鬱」状態になって気分が落ち込んでいるかを、
しっかりと自分自身で認識することが大切です。

・仕事がうまくいっていない
・明日、嫌いな人と会う
・会議に出席するのがツライ



などなど、人それぞれの理由があるでしょう。

その理由を具体的に認識するんです。

例えば、
「仕事がうまくいっていない」というのは、
どんな仕事がなぜうまくいっていなくて、落ち込んでいるのか。

「明日、嫌いな人と会う」ならば、
その人がなぜ嫌いなのかをよく考えてみることです。

「会議に出席するのがツライ」は、
どんな事が気になってツライのか明確にします。

こういった具体的な内容を明確にして認識することで、
モヤモヤっとした気分の落ち込みを解消する第一歩となるはずです。

まずは、自分がなぜ気分が落ち込んでいるのか、明確にしてみましょう。

書き出す
悩みを書き出す

そして、明確にした「理由」を書き出してみます。

例えば、
「仕事がうまくいっていない」ならば、
⇒(理由)
・仕事仲間とうまくコミュニケーションがとれない
・担当している製品に欠点がある
・課せられたノルマが高すぎる


手帳に書き出すのがおすすめです。
また、同じような気分の時に、再確認できますから。

こうやって、「理由」を書き出してみると、
気分がすっきりするはずです。
「理由」をはっきり認識していなかったため、モヤモヤっと気分が落ち込んでいたわけですから。
脳の錯覚かもしれませんが、書き出すだけで問題が解決したような気分になります。

実際に、もうこれで、7割くらいは問題が解決したも同然かもしれません。
モヤモヤっと程度の気分の落ち込みの原因は、きっと大した問題ではないはずです。

「理由」を明確にすることで、おのずと対策案も比較的簡単に浮かんでくるものです。

 

まとめ

とにかく、気分が落ち込んでいるときは、
なぜなのか、理由を具体的に書き出すことがポイントです。

頭だけで考えているのと、実際に書き出してみるのでは、
全然違います。

頭の中のモヤモヤを書くことで吐き出すことができるんです。

書き出すことは、解決しようとする前向きな行動です。
これをきっかけに、どんどん気分もポジティブになっていくはずです。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*