【軽減税率】その2%って効果あるのか?

Pocket

軽減税率 効果
軽減税率について、与党の自民党と公明党が激しい攻防をしているそうです。。。

以前の記事でも軽減税率について書きましたが、
庶民にどれだけのメリットがあるんでしょうか。


【軽減税率】その2%って効果あるのか?

00ad9307c090bf813120cfa16945c360_s

8%か10%の攻防

軽減税率は、2017年4月から消費税が10%になるため、
国民の負担を和らげるために、必需品である食品などを8%に据え置こうというものですね。

ところで、消費税って、10%になるのは議論されましたっけ。

今回の軽減税率の、一部のものに対する、たったの2%について、激論しているように見えますが、
そもそもの10%になるのはどうなんだ、ということは、すっかり素通りされています。

本来は、その部分を激論してほしいんですが・・・

自民党と公明党が激論しているのは、完全な出来レースであり、アピールです。
彼らの中で、すでにいろんなことが決まってるはずです。

どれだけの効果があるの?

食品の中で、生鮮食品は8%に据え置くんですが、
加工食品を含めるのかどうかが議論の中心とのことです。

もともと軽減税率というのは、低所得者を支援するためのもののはずです。

10,000円の超高級ハムは、10%になったら200円高くなりますね。
200円の普通のハムが10%になったら、4円高くなります。

たかが4円、されど4円かもしれませんが、
200円のハムしか買わない、庶民や低所得者にとって、
これで支援になるでしょうか。

たったの4円です。

ある評論家の話では、
年収200万円の低所得世帯で受ける恩恵は、
年間1万円台とのことです。

逆にお金持ちは、2%のアップなど大した話ではないはずです。

まとめ

公明党が主張している加工食品を含めると、
1兆円の財源が必要となるようです。

本当に低所得者を支援する取り組みならば別の方法を考えてほしいものです。

ばら撒きと批判されたとしても、
例えば、各世帯に1兆円を分配するとか。

このままでは、どんどん貧富の格差が広がっていくようにしか思えないのは、
自分だけでしょうか。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*