危険なトランス脂肪酸!身体に優しいマーガリンや危険な食品をご紹介します

Pocket

トランス脂肪酸を食べさせたくな子供

アメリカの日本でいえば厚生労働省にあたる米食品医薬品局(FDA)が、食品添加物からトランス脂肪酸の全面廃止を決めたそうです。

日本はほっといていいんでしょうか?


トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸は天然の植物油(菜種や大豆から抽出される油)にはほとんど含まれていないそうです。

マーガリンやショートニング(バターやラードの代用とされる油の一種)を製造する過程でできてしまう脂肪酸とのことです。

一定量を超えて摂取してしまうと悪玉コレステロールが増え、心臓疾患の発病率が高くなるらしく、アメリカより先に禁止している国がたくさんあるようです。

 

アメリカは、18年に全廃予定

トランス脂肪酸、18年に全廃 米当局「安全でない」

【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は16日、食用油などに含まれ、肥満や心臓病との関連が指摘されるトランス脂肪酸を、2018年6月までに食品添加物から全廃すると発表した。

FDAは13年に廃止方針を示して科学的妥当性を検討してきたが、最終的に食品に使う上で「安全とは認められない」と結論づけた。

食品業界は3年間で代わりの添加物を使うなどの対応が求められる。FDAは「心臓病を減らし、年間数千件の命に関わるような心臓発作を防ぐことができる」とみている。

トランス脂肪酸は、摂取すると動脈硬化などを引き起こすリスクが増すとの研究結果が多く示されている。

引用:くまにちコム ホームページ

日本は大丈夫なんでしょうか。

 

どんな食品に含まれているのか?

数え上げたらきりがないので、認識しておきたい食品を下記にあげてみます。

1.マーガリン、ショートニングなどの食用油

先にも書きましたが、どんな食品に含まれているかというと、代表的なものにマーガリンやファットスプレッドやショートニングなどがあるようです。

朝食でマーガリン、いっぱい塗ってませんか???

ちなみに、スーパーで売られているマーガリンで、どの製品がトランス脂肪酸が多いのか下記を確認ください。(少し古いデータですが)

脂肪酸が多く含まれるマーガリン、ワースト5

トランス脂肪酸が含まれるマーガリンの種類 写真引用:My News Japanホームページ

有名なのばっかりですね。

マーガリン買うなら、これらを買っちゃってますよね。

 

2.お菓子

ビスケットやケーキなど小麦粉がたくさん使われているお菓子には、ショートニングがたくさん使われているため、トランス脂肪酸も多く含まれているようです。子供たちが大好きなお菓子ですから、非常に心配になります。

 

3.揚げ物

業務用油にはトランス脂肪酸がたくさん含まれているようです。

街の惣菜屋さんで日常的に買う、唐揚げや天ぷらなど、残念ですがきっとたくさん含まれていることでしょう。

自分は唐揚げが大好きなんですが、今後は気をつけたいです。

 

4.フライドポテト

数年前に、日本マクドナルドのフライドポテトが話題になりました。

3年経過しても腐らないとか、ゴキブリも食べないとか・・・

実は、アメリカの本元のマクドナルドは、数年前からトランス脂肪酸が含まれ油は使用していないんです!

日本マクドナルドは大丈夫とのことで、全く油の見直しを数年前はしなかったんですが、現在はどうなんでしょうか。

しっかり発表されていないので、相変わらずの油なんでしょうか。

マックのフライドポテトは他のファーストフード店より、はっきりいって美味しいと思ってますが、これも食べすぎは控えたほうが良い感じですね。

ちなみに、ケンターッキーフライドチキンやモスバーガーなど有名ファーストフードの多くは、トランス脂肪酸が入っていない天然油か、少ない油を使っていると発表しています。

 

トランス脂肪酸が少ないマーガリン

比較的にトランス脂肪酸が少ないため食べて安心そうな、スーパーで買いやすいものをピックアップしてみました。

割り切ってバターを買えばいいかもしれませんが、どうしてもマーガリンが必要な方は、参考にしてください。

 

創健社 べに花ハイプラスマーガリン

トランス脂肪酸:0.5g(100g中)

20150618 155107
創健社 べに花ハイプラスマーガリン180g
 

雪印 ネオソフト

トランス 脂肪酸:0.8g(100g中)

20150618 155619

「パンにはやっぱりネオソフト」はウソじゃないですね!
雪印 ネオソフト 300g 2個

 

まとめ:日本の対応は?

もともと日本人はアメリカ人に比べトランス脂肪酸を含む食品を食べる率が、8分の1程度と食品安全局が発表しています。

この量は、WHOが勧告している1%に満たない量のため、健康への被害は無いとしていました。

しかし、現在の私たちの生活は、より欧米化していますよね。

年々、アメリカに近い量に近づいていっていることと思います。

アベノミクスで経済を立て直し景気を良くすることは素晴らしいことですが、今回のアメリカの全廃を見習い、食品業界にとっては厳しい環境になるかもしれませんが、国民の健康もしっかりと守ってくれる対応を願っています。
 

 

 

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*