【祝 金メダル】萩野公介選手のライバルとの向き合い方が深い

Pocket

WS000005
リオデジャネイロオリンピックで、競泳の萩野公介選手が、400m個人メドレーで金メダルを取りましたね。

いやー、感動しました。
よかったよかった。

翌日の新聞は、この萩野公介選手の記事でいっぱいでしたが、
自身が成長できたきっかけみたいなことを話されていまして、
これがとっても深いなと感じました。


スポンサーリンク

萩野公介選手

念の為に萩野公介選手についてふれておきます。

栃木県出身で東洋大学に在学している21歳です。

今回のオリンピックでは、金銀銅の3種類のメダルを獲得してまして、
前回のロンドンでも銅メダルを獲得しています。

みんなが認める日本競泳界のスーパースターですね。

幼い頃から、その実力は知られていまして、「怪童」と呼ばれ、
他に敵なしの圧倒的な強さで様々な大会を勝ち抜いてきたそうです。

強力なライバル出現

index
そんな彼が成長していく中で、今回の結果につながるお互いに切磋琢磨できた、
素晴らしいライバルがいました。

それが、瀬戸大也選手です。

彼も、今回のオリンピックでは見事に銅メダルを獲得してます。
萩野選手が金メダルをとった400m個人メドレーですね。

萩野選手はタイム的には自分が勝っていても、実際のレースでは瀬戸選手に勝てない時期があったとのこと。

そのライバルである瀬戸選手という存在への捉え方が深いなと感じたんです。

ライバルを認める

瀬戸選手にレースで勝てないということは競技者にとって悔しいことですよね。
当たり前です。

だから、一生懸命練習をしたそうです。

だけど、本番では性格的なところもあるんでしょうが、瀬戸選手がやっぱり強いんですね。

これはなぜか?
というよりも、どうして瀬戸選手に勝てないのか?

この理由を真剣に考えたとき、
ある結論に達したようです。

それは、瀬戸大也というライバルを認めていなかったということ。

タイム的には自分が勝っている。
だから、試合では負けるわけがないし、自分が実力が上であると思っていたわけです。

言い方を変えると、自分のことしか考えていなかったということでしょうか。

そのため、自分の中だけでの成長にとどまっていたのかもしれません。

なんでも、相手と競争することで成長できるものですよね。
子供の頃に走った徒競走だって、一人でタイムを計測するよりも、二人で競争して走ったほうがタイムはよかったです。

このことに気がついた萩野選手は、瀬戸大也選手を真正面からライバルと認め、
彼に勝てるように努力するようになったそうです。

まとめ

自分より成績が良い相手のことを考えるのは気分が良くないことです。

だけど、その相手に勝つためにはどうすればよいのか。

まずは、しっかりとその相手の存在を認め、正面から向き合ってみる
なぜ、その人は強いのか。

そして、その人に対して勝つための努力をする

考え方はシンプルです。
自分たちのような凡人も、この考え方はヒントになると思ってます。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*