【新生なでしこジャパン】北朝鮮に敗戦、基本プレーの大切さを感じました

Pocket

チャレンジなでしこ

東アジアカップ初戦の北朝鮮、残念ながらなでしこジャパンは2-4で負けてしまいましたね。
今回は佐々木監督が「チャレンジなでしこ」と命名したように、澤や宮間、海外組の大儀見や熊谷といったメンバーは招集しない、若手中心の今後を期待するメンバーです。

そんな国際大会経験が少ない選手たちですので、勝敗は仕方がない気がしますが、
なでしこメンバーのプレーについていろいろと思うことがありました。

攻撃面

60b51a0d24e821326570edc0af08dfcd_s

シュートの決定力

北朝鮮選手の3、4点目は同じような展開でしたね。
日本からボールを奪ってカウンター。
フォワードが少ないトラップからシュート。
敵ながら見事なゴールでした。

3,4点目は同じ選手が決めたように思いますが、
2つとも左隅に鋭いシュートを決めています。

この選手がシュートに入るとき、全くのフリーではなく、なでしこのディフェンダーが
守っていました。
これを右足でディフェンダーがいない場所へかわし、左隅へシュート。

日本の選手だと、なかなか敵を右へかわして、ゴール左隅へ決めるのって見れない気がします。
シュートしてもキーパーの正面だったり。。。

北朝鮮の選手の練習内容は分かりませんが、日本の選手もシュート練習をもっと
増やすべきと思っています。
どうしても、日本ではサッカーは「パスゲーム」って思われていて、少年少女のころから、
パス練習を重視する傾向があるんじゃないでしょうか。

話が飛ぶようですが、野球のピッチャーならば、配球について困ったら、
基本の「外角低めのストレート」と思います。
プロのピッチャーでも「外角低めのストレート」は徹底的に練習しますし、
このコントロールがいい選手は勝てますよね。

サッカーのシュートも、基本はゴール正面で右利きの場合は、キーパーの届かない
左隅へ決めることが重要であり生命線であることから、決定力を高めるべく、
もっと意識して練習を増やすべきじゃないでしょうか。

 

パス連携

続いて、攻撃面で気になったのは、パス回しについてです。

ニュースから、メンバーがみんな集まっての練習は非常に少なかったといわれていますので
仕方がないかもしれませんが、パスがつながらず相手にボールを奪われるシーンが多かったですね。

特に、10番MF上尾野辺選手のプレーが気になりました。
際だった運動能力とサッカーセンスがあるのは良くわかりましが、
他の選手と連動できていませんでした。

サッカーのパスの基本である、パスの出し手と受け手の呼吸があわず、
上尾野辺選手の一方的な思いのパスが多く、攻撃面でも守備面でも
結果的に相手にボールを奪われてしまっていました。

おそらく、メンバーとの練習不足だと思いますが、
こういった基本的なパス回しができないことで、
チームが流れに乗れない要因になっていた気がします。

 

守備面

6b67276b611df12224b6b1a500ee5b36_s

飛び込むな

守備面では、これもサッカーの守備の基本である、粘り強く相手をマークすることが
おろそかになっていなかったでしょうか。

今回のキャプテン、MF川村選手の守備が特に気になりました。
強いフィジカルでボールの奪い合いなどでは、大きな貢献があった気がしますが、
球際ですぐに、飛び込んでしまうシーンが多かったんじゃないでしょうか。

これでは、かわされた後、相手に決定的なシーンを作られてしまいます。
もっと、粘り強く、飛び込まない、我慢強い守備をしてほしいと感じました。

 

まとめ

シュートを左隅に決めるのは、反復練習が大切と思いますが、
「意思疎通のあるパス」や、「飛び込まない守備」は、サッカーの基本と思います。
みんな、幼いころに学んだことばかりのはずですね。

「チャレンジなでしこ」メンバーは、澤や宮間などトップのなでしこメンバーと
同じような、華麗なパス回しなどは、技術的にまだまだ難しいかもしれません。

彼女たちは、トッププロとは思いますが、サッカーの基本を改めて意識しプレーすることで、
徐々に仲間との連携もスムーズになり、次代を担う本当の「なでしこジャパン」へと
進化していけるのではないでしょうか。

Pocket

スポンサードリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*